rie

嘘を愛する女のrieのネタバレレビュー・内容・結末

嘘を愛する女(2018年製作の映画)
3.7

このレビューはネタバレを含みます

なんだ…あまり期待してなかったけど、素晴らしい作品じゃないか。

素性がわからない高橋一生の過去を彼が書いた小説を基に、必死に探し回る長澤まさみを見ていて、あぁー人を探すのって大変なんだなと感じた。


高橋一生の過去がわかるにつれ…良かったどうしようもない奴じゃなくって、心に傷を抱えていた人だったんだと…長澤まさみ演じる主人公と共に安堵した。

その過去があればこそ、高橋一生の行動がわからなくもないし、少しは理解できるかなとも思った。

どんなにつらい過去があっても、生きてさえいれば、人は再生できるんだとか…まぁ、そんなことも感じました。

最後のシーンで、高橋一生が目を開き涙を流し、エンドロール!

エンドロールの、
松たか子の歌もよい。

是非とも、高橋一生には長澤まさみと幸せになって欲しいと思った。

例え、愛する人の素性がすべて嘘だったとしても、本物の愛は消えない、愛は嘘をも超越するってことでしょうか。

しかし、この話は実話に基づくとあり、ゾッとした。こんなことが現実にあるのか…と。