嘘を愛する女の作品情報・感想・評価

嘘を愛する女2018年製作の映画)

上映日:2018年01月20日

製作国:

上映時間:118分

あらすじ

その姿は世の女性が憧れる理想像。飲料メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。ある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。「一体、彼は誰ですか?」くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免…

その姿は世の女性が憧れる理想像。飲料メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。ある日、由加利が自宅で桔平の遅い帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。「一体、彼は誰ですか?」くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免許証はすべて偽造されたもので、職業はおろか名前すらも「嘘」という事実が判明したのだった。騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか」という疑問をぬぐえない由加利は、意を決して私立探偵・海原匠(吉田鋼太郎)を頼ることに。やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が見つかる。そこには誰かの故郷を思わせるいくつかのヒントと、幸せな家族の姿が書かれていたのだった。海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかであることを知った由加利は、桔平の秘密を追う事に......。なぜ桔平は全てを偽り、由加利を騙さなければならなかったのか?そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に、辿り着くことができるのか―。

「嘘を愛する女」に投稿された感想・評価

mayama

mayamaの感想・評価

3.0
試写会にて。

『嘘を愛する女』
映画をみる前、とみた後、では
タイトルから受ける印象が全く違うなぁ。と

瀬戸内の眺めがとても綺麗でした。
milk

milkの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて。

ストーリーは面白いなぁと思うけど、なんてゆうか途中の瀬戸内探索のシーンが長くて、どしても見せたい綺麗な景色がたくさんあるんだろなとかボーっとしちゃった。
たしかに綺麗、行ってみたくなりました。

で、主人公の女性はキャリアウーマンなのはわかるけど、謝らないよね〜
拗ねたり勝手で、美人ていいよな、とふと冷めてしまった。笑
あとラストシーンの振り返るところであの、あの大事な耳の後ろのホクロなくなかったですか?!私の見間違いですか?付けるの忘れたんじゃないですか?
あったらすみません、ないように見えました。

他にも書かれてる方がいるけど、川栄ちゃんとDAIGOと黒木瞳のキャスティングは謎過ぎる、なんか違和感。

高橋一生さんは素敵でした、かっこいい。。。まさみさんの美しさも堪能できます。しかし私は2度は観ない気がします。
えつこ

えつこの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

あらすじを読んだ時の期待値からは一気に下がった。最初の「小出(高橋一生)は誰なのか?」と中盤の捜索編、ラストの真実が明かされる、と言う構成で徐々に面白さが低下。最後の方の泣きの演技、長澤まさみに頼りすぎでは、? あと捜索編がダラダラしてて間延び感。ラストでさらっと明かされる長澤まさみの浮気はもうすこし伏線、というか流れが欲しいかも(急すぎ)。でも1番の謎は長澤、高橋、吉田以外のキャスティング。とその使い所。黒木瞳の「黒木瞳じゃなくていいんじゃね?」感。DAIGOの「DAIGOじゃ(略)。川栄のただの当て馬役。全て中途半端に謎。可もなく不可もなく作品。
Yusuke

Yusukeの感想・評価

3.5
予想外でおもしろかった!
長澤まさみキレイ!!
主演の二人はもちろん吉田をはじめとする脇を固めるキャストが豪華でハマってた☆

このレビューはネタバレを含みます

よかった...本を読まずに見てしまったのでより細かい描写や、あそこはどう書いてたんだろうって意味も含めて本を読もうと思った!

疑惑、嘘、真実、隠し事、言いたいこと、言いたくないこと、言えないこと、知りたいこと、知りたくなかったこと...
年数を重ねたからこそのそういうものの大人の映画。
まさにラブサスペンス。

最近の長澤まさみさんはほんとにすごい。
今回も、酒癖が悪く周りに当たり散らす、キャリアウーマンだけど家事が苦手な独身女を見事に演じてて、あんな顔やこんな仕草、長い手足トータルでとにかくかっこいい女優さん。
長澤まさみと吉田鋼太郎の謎解きアドベンチャーだった。DAIGOが演じてたロン毛のハッカーがなかなかいい感じだった。中身はDAIGOだったけど。

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて、

こう、CMなどを観ていると高橋一生はすごい嘘つきでもっと長澤まさみから逃げ回るような話かと予想していましたが、結果的には高橋一生も心に闇を抱えていて苦しんでいる役で長澤まさみももっと弱々しい女性かと思っていましたが、いろんな意味で逞しかった…
むしろ、ちょっと強気すぎてめんどくさいな?と思ってしまいました…

由加利の心境、情緒がめちゃめちゃ忙しくて、桔平が倒れてから由加利自身の生活も乱れていき、すごい行動力を起こしたかと思えば、また足踏みしたり、それに振り回される探偵・海原さん…海原さん私生活は駄目な人そうだけど、めちゃめちゃいい人だった…あとなんか可愛いげがあった…吉田鋼太郎がセクシーじゃないのが良かった!のかな?笑

あと、個人的に木村役のDAIGOが良かった~モサキモ可愛い感じが良かった~!
川栄さんの心葉も良かった、可愛いゴスロリストーカー…(多分メンヘラ)喋り方、仕草がめちゃめちゃ良かった!可愛い~、性格悪い子役だったけど可愛いから嫌いになれない~可愛い!!

今回、試写会という事で上映後に高橋一生さんのお話も聞けましたがそこで「嘘を愛する女の女=由加利で嘘=桔平」と仰っていて、なるほど!しっくり!と思いました。

本当の桔平とは誰なのか、由加利は何を想うのか…真実は…愛とは…
っていう感じの映画でした!
りほ

りほの感想・評価

3.7
嘘が嘘であることは変わりないけど、嘘の中に真実がある。嘘の中に本当の気持ちがある。嘘は嘘だけでは出来ていない。

今まで、嘘をつかれた時はその事実のことしか考えていなかったような気がするけど、この作品を観て、何故嘘をついたのか、まで考えようかなーと。

ちょっと中盤の真実に辿り着くまでが長かったかな?けど、自分的には考えさせられる内容でとても満足でした。

高橋一生さん好きの方は、ぜひぜひ見てください。ひたすら素敵です。笑
yabesaya

yabesayaの感想・評価

3.9
映画『嘘を愛する女』試写。

予告でどんな事が起こるかはわかっていたけれど、大事なのは何が起こるかじゃなくて、どう感じるか何を想うかだなあと思った。
ついつい事象に追われて、本質を見失ってしまうときがあるけれど、涙はハッとした時に流れるよなあと。

そして、鑑賞後に聴く松たか子さんのエンディングがグッときた。
坂元さんの歌詞も歌声もそっと寄り添う感じで優しかった◎
pipboy101

pipboy101の感想・評価

3.3
試写会で鑑賞

期待値が物凄く低かったので、それに比すと全然良かった

こんなことがしたい、こういう風に作りたい、という作り手の姿勢が伝わってきた

それにしても長澤まさみは、キャリアウーマンかつ、パートナーが保護欲刺激型、ピリピリしつつも愛しちゃう系の役が続きますね、、、

2018年 劇場3本目
>|