ryo

永遠のジャンゴのryoのレビュー・感想・評価

永遠のジャンゴ(2017年製作の映画)
5.0
音楽って…ほんとに…ってなる。演奏シーンだけでも満点。冒頭のステージはswingしすぎた。

「ジャズでもベースには弓を使え、ソロは5秒以内、速いテンポもブルースも禁止、客を扇動するな。」

ジプシー出身の天才ギタリスト、ジャンゴ•ラインハルトの伝記映画。ナチス占領下のパリで連日客を湧かせる彼に迫る抑圧とジプシーへの迫害。

ステージでの演奏に着席スタイルの客がどんどん立ち上がり手を鳴らす姿、制限された条件の演奏からの敵も惑わせる熱狂的な音楽。ジプシー仲間との宴。森の中、教会、バー、ステージ、どの演奏も泣きそうになるくらい素晴らしい。

彼を助けるべく危険を侵す愛人ルイーズにはホントに胸が詰まる。彼の音楽に救われて、守るべき美しい物のために力を尽くす強さよ…涙

バンドメンバーのクラリネットの彼とベースの眼鏡の彼の演奏もすごくすきだった。