永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

sonozy

sonozyの感想・評価

3.3
ジプシー的な生活を送っていたロマ族の音楽スタイルとスウィング・ジャズを融合させた“ジプシー・スウィング”を作りあげたジャンゴ・ラインハルトの、ナチス・ドイツの迫害を受けた暗黒の時代のお話。
ジャンゴ役のレダ・カテブのギター技は(一部の)アップに耐えられるレベルまで磨かれてました。(音はプロのミュージシャンが出したようですが)
余談ですが、「ジャンゴ・ラインハルト」という名前の響き、彼のつま弾くあの音を感じさせるなぁ。
音楽には権力も恐れる影響力がある、という映画。しかも、殺してしまえホトトギス、である。恐ろしい時代だが、今だって全くないわけではないだろう。家に帰ってからロンドンに逃げてたグラッペリのレコードを探して聴き直してしみじみ。
偉大なるギタリスト
名前だけは知っていたけど、
ドイツ監視下のキツイ時代を生き抜いたんだなぁと。

そんな時代でも反骨心のある、
ロックンローラー!
ミュージシャンのお手本のような方でした。

夢中になってしまい、
最後は何とか逃げ切ってくれ〜
と心の中で叫んでしまいましたよ。

こういうのを観ると、神様は生かすべき人は、ちゃんと見守ってくれているんだなと思います。

演奏シーンはどれも最高!
人差し指と中指であれだけのフレーズが弾けるんですよ!

薬指も小指も動く自分自身、もう少し練習しなくちゃと改めて思い知らされました。

ジプシー達へのレクイエムは思いきり泣けます。
ジャンゴラインハルトの戦時中のエピソードに焦点を当てた構成で、本人だけでなくジプシーの人たちがその時どうなってたか、理解することができた。
ジャンゴといえば、「ギター弾きの恋」の主人公みたいな感じかと勝手に思っていたけれど、だいぶ違った。

ドイツ軍のために、勝手な注文の中で弾かなくてはいけない最後の演奏シーン。
そっと足に付けた鈴が、映画を見終わったあと、何かを象徴しているような気がして、しばらく考えてしまった。

その鈴のように、まだずっと、ジャンゴのあのギターが鳴り響いている。
大好きなジャンゴ・ラインハルト。遂に彼の映画が上映されると知り、これは絶対に観たい!と行って来ました。それは、幸運なのか不運なのか、この時代を生き抜いたアーティストにしか、生み出せない作品があると感じました。フランス映画独特の描写が飛ぶ様な演出があるので、鑑賞には多少予備知識が必要かも??
アメブロを更新しました。 『「永遠のジャンゴ」伝説のギタリストはナチスに迫害され、沢山の仲間を失った。』 https://t.co/34lioae85f
nightwax

nightwaxの感想・評価

5.0
最初から鳥肌たったね
ストーリーも音楽も

音楽だけが、未来を照らした

まさにわたしの今はこの言葉に尽きるので
重なった

音楽ではじまり音楽でおわる
それはわたしの人生に近い
音楽好きな人には観てほしい。
イシ

イシの感想・評価

3.4
ジャンゴラインハルトが雪山の中、ギターで穴を掘ってギターが真っ二つになるシーンが印象的でした。
天才ギタリスト、ジャンゴラインハルトの半生が描かれた映画

彼の音楽や、仲間を助けようとする意思などはいいのですが
ナチュラルに浮気しててきっしょって思った
>|