永遠のジャンゴの作品情報・感想・評価

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿された感想・評価

こにし

こにしの感想・評価

3.6
なんとも悲しい話。音楽もさる事ながら、多くの人が迫害を受けた歴史の話でもある。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.6
美しいものを虐げるなんて良くないし絶対できないんです!
ジプシー、バルカン系の音楽、生活はやはり憧れ

これブルースやろ?
>ちゃうで
KzBourree

KzBourreeの感想・評価

3.5
全体に暗い。
左指2本でギターがあれほど上手なのはもっと強調されても良かったか。
欧州の政治、特に第二次世界大戦時のことは理解しにくいところ。
しかし、ドイツ軍をアジアの日本軍に重ね合わせてみたら....きついストーリー、実話です。
Sky

Skyの感想・評価

3.4
ただただジャンゴの曲が好きで聴いていただけだったので、
ジプシーがルーツで出来たメロディーラインだったり、火傷だったり、第二次世界大戦だったりを知れて、益々ジャンゴの曲が好きになった。

何処かジャズバーでジャンゴの曲を演奏してくれる店ないのかなぁ
実在した伝説のギタリストの物語だけど実際はほとんど戦争映画だった。

面白かったけど、あまり説明的な描写が無いからナチス軍と当時のヨーロッパ情勢について知識が乏しい人には難しいかも
ジプシーも迫害を受けたのだと知った。音楽にも迫害の歴史があるのか。その歴史をもっと知りたいと思った。

ジャンゴのギターももっと知りたい。もっと聴いてみたい。
新田畳

新田畳の感想・評価

3.6
ラスト30分のパーティーの演奏シーンが特に素晴らしかった。
二本指奏法の再現度も高いうえに、音楽の質も非常に高くて大満足。
わりとジャズ映画ってこの辺の質が微妙だったりするので素直に凄いと思う。

ただ気になったのが出てくるロマ族が変に小綺麗で行儀が良く、トニー・ガトリフ作品を見慣れてるせいもあってか人種差別に関する演出は説得力に欠ける部分があったように思う。

ジャンゴ・ラインハルトの生涯が焦点なので仕方がない部分ではあるのかもしれないが。
MICKKICHI

MICKKICHIの感想・評価

3.6
孤高のジプシー出身の天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトのファシズム下のパリからの逃亡生活にスポット当てた作品。
演奏シーンも迫真。あまり語られない作曲の秘話を取り入れ、サスペンス仕立てで観がいがある。
MikiN

MikiNの感想・評価

3.7
ジャンゴ・ラインハルトというジプシーギタリストがいるということは知っていたけれど、正直そんなに詳しくない状態でこの映画を観て、
第二次世界大戦中にジプシーたちがうけた迫害の歴史と重ねて彼の人生を知ることができて良かった。
この物悲しく官能的なギターは、ジプシーにしか出せない。それがロマ音楽だった。『ショコラ』にも使われていてずっと好きだった。それにしても、ジャンゴのお母さん最高
>|