shu

わさびのshuのレビュー・感想・評価

わさび(2016年製作の映画)
3.7
何かを諦めた、達観したような態度で上辺だけ取り繕いながら過ごす日々。
「人生詰んでんだよ」と、重い話をする時に変に明るく振舞ってしまう道化っぷりが、大袈裟に悲劇ぶるよりもよっぽど痛々しくてリアル。
「台詞っぽさ」を指摘する声もあるけれど、この年頃って自分の話をするのがあまり得意でなく、変に感情を乗せることを嫌う傾向にある気がするのでわざと客観的に棒読みっぽく自分語りしたりする。
そんな冷めたような大人ぶった振る舞いと、簡単には割り切れない未熟さが垣間見える、芳根京子の演技力の高さを見せつけられたような作品。