わさびの作品情報・感想・評価

わさび2016年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:30分

3.9

あらすじ

心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵と、その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとしない離婚した母・房子や周囲の大人達。そんな葵の前に現れた、彼女がかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉。粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。ある事情で小指のない庄吉の投げるボールの軌道を、葵は子供の頃から「魔法」だ…

心の病を抱えた父を守るため実家の寿司屋「やま乃」を継ごうと決めた女子高生・山野葵と、その決断に戸惑い反対しながらも、彼女の人生を本気で背負おうとしない離婚した母・房子や周囲の大人達。そんな葵の前に現れた、彼女がかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督・梅田庄吉。粉雪が舞う静かな夜、葵は庄吉に野球の勝負を求める。ある事情で小指のない庄吉の投げるボールの軌道を、葵は子供の頃から「魔法」だと信じていた。この逆境の日々の中で、せめて魔法のような力を信じたい・・・老いた庄吉との真剣勝負は、葵に人生の苦みと哀しみ、そして新しい希望を与えるのであった。

「わさび」に投稿された感想・評価

もなか

もなかの感想・評価

3.2
静かに流れる時間。
静かに闘う人々。
静かに挑戦する心。

芳根京子さんの涙に震えました。
分隊長

分隊長の感想・評価

3.8
がんばって生きなきゃだよなぁ
まだそんな生きてないのでこんなことしか言えないですが
相手は自分の思う通りには居てくれないもの。
早い時期から味わう少女が
これから如何に生きていくのか期待。
お父さん、監督、そして芳根京子ちゃんとても良かった、、、

みんなの苦しみ、それでも生きていく姿にグッときた
dita

ditaの感想・評価

3.5
@第七藝術劇場
現実を使命として受け入れるのか、魔法の力で何かが変わるのを待つのか、自分の力でどうにか出来ることとどうにも出来ないことの狭間で揺れる芳根京子さんが素晴らしく、言えないけど言いたいことを表情と仕草でこれだけ表現出来るのは本当に凄い。
シン

シンの感想・評価

4.2
第七藝術劇場にて観賞。

芳根京子圧巻の演技。それに尽きる。新人女優なんて…って変に上から目線で観ようとしてた自分が恥ずかしい。短編映画でこの脚本は素敵です。ぜひ七芸へ!

p.s.
外山監督はすごくステキな方です。

このレビューはネタバレを含みます

こちらは内容云々も勿論でしたが、
それ以上に役者さんの力量に圧倒される作品。

終始台詞の無い1作品目とは変わって、きちんと台詞がありますが
台本に書かれている台詞よりも、台本に直接書かれていないであろう登場人物が「飲み込んだ言葉」の方が実は多かったのでは?と感じます。

今、この人は何かを言おうとした、でも言えなかった。

それを目の動き、唇の震え、瞬きなど細かな表現力で示す。

「伝える」よりも「伝わる」方が難しいと教わった事がありますが、芳根京子ちゃんの演技は間違いなく「伝わる」演技。
本当に凄いです。

あんなに若いのに、まだまだやりたい事は沢山あるのにその気持ちを閉じ込めなきゃいけない主人公。

鬱を患った父親への理解を示してはいるけど、一方で
父親の「何時に帰るんだ?」という質問をはぐらかして道草したり、進路についての担任との面談ではほとんど目を合わせないなど
現実と向き合い切れていない様子も見て取れます。

辛い現実を脈絡無く瞬時に変えてくれる「魔法」を信じていたいけれど、向き合うべき「現実」がすぐそこにある事にも気付いている
子どもと大人の丁度中間の女の子。

魔法のボールを打ったあのシーンは
自ら現実と向き合う選択をした、意志の表れだったんだな…。

そんな娘の成長を父親も間違いなく感じていて、彼もまた未来に進む為に「入院」という選択をしたのだろう、と…。

鬱患者が身の回りの環境を大きく変えるのは物凄く勇気のいるしんどい事だと思います。
入院して病気が良くなるのならすぐに入院していれば良かったのに、恐らく長いことその選択をしていなかった。出来ない理由があった。

でも、最後に入院すると言ったのは娘に励まされたから。娘の為を想ったから。

きっとそれは娘にも伝わっていたのだと思いますが、
最後の最後に溢れた涙が彼女の本当の気持ちで…。
「早く帰ってきてね」子どもの立場の素直な気持ち。

「わさび」は間違いなく、親子の絆を深める人生のアクセントだったんだな…。

とても繊細で胸が痛いけど、物凄く優しい作品でした。
映画祭で拝見。短編映画でこんなに感動したのは初めてでした。
というか今年見た映画で一番感動しました。
芳根京子さん演じる葵が本当に健気で儚くて素晴らしかった。ラストシーンがとにかく、こちらの期待を裏切るものだった。
短編。主人公は寿司屋の娘。大将が鬱になり、一家は生活保護を受けることになり、娘は大学進学をあきらめる。ツレうつのように真正面から鬱を描くのではなく、映画を構成するいくつかの素材の一つとして出している。それだけ鬱が社会的に認知されたということか。
みずき

みずきの感想・評価

4.0
強がりながらも、ひとりで健気にいろいろなものを背負う、ソフトボール部の女子高生の姿。きらきらしていて、みずみずしい。芳根京子ちゃんの演技が、等身大でとても良かった。

冬の飛騨高山の街並み、夜の景色が透明感に溢れており、ストーリーの彩りになっている。

表題作のわさびだけでなく、他2作品もぜひおすすめしたい、短編映画集。
>|