マロ先輩

希望のかなたのマロ先輩のレビュー・感想・評価

希望のかなた(2017年製作の映画)
4.1
映画を観終わって一番に感じたこと。世界って本当に広いなあ、自分が経験したことも無いような問題を抱えて生きている人がたくさんいるんだなあと。
戦争や内戦等による難民問題はニュースでさらっと見た程度で、実際に難民申請したあとの人々が直面している問題なんて考えもしませんでした。さらには人として当たり前のこと「困っている人に手を差し伸べること」が出来ているかどうか?改めて考えさせられました。
それとは別に映画全体の質感とか、この映画に出てくる個性的で愛らしい登場人物達には惹かれるものがありました。
出会えて良かった忘れられないであろう作品の1つになりました。