希望のかなたの作品情報・感想・評価

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

ryudai

ryudaiの感想・評価

4.0
シュールでほっこりできて、音楽も良くて、ゆっくりしたい日に観るのには最高の映画でした。
みなみ

みなみの感想・評価

4.0
無表情の笑い。たまらなかった。上手くいってほしかったけど、実際すべてが上手くいくわけない。非現実的だけど、現実的ね。登場人物みんなが愛おしい映画でした。
ネクロ

ネクロの感想・評価

4.5
カウリスマキの新作。

フィンランドに難民として来た青年とレストランを開業したオヤジ。全く接点の無い2人が出会ってからがとっても良い。レストランのスタッフ、難民友達、そして妹。みんな温かい。

良い映画を観たっていう満足感。幸福感。
TM

TMの感想・評価

4.4
あのわさび…笑

全くヒットを狙った内容ではないけれど、小津監督や是枝監督のように'人'に寄り添う優しさのある傑作でした。

日本文化がやたら垣間見えるのはフィンランドならではなのかな?

いい人に助けられ…っていうセリフがたびたび出てくるけど、ほんとか?と思わず勘ぐってしまう自分もどこかにあって、
そういう猜疑心をくすぐってくる絶妙なバランスがありました。

時には厳しく残酷に、それでも新しい日を生きていこうとする人たちを観て自分も頑張ろうと思いました。
yummy

yummyの感想・評価

3.0
アキ・カウリスマキ監督作品。
難民問題というシリアスな内容なのに、ユーモア溢れる人間ドラマに仕上がっている。やっぱり好きだ。
まき

まきの感想・評価

4.2
優しい映画。じっくり、にんまり、ほっこり。アキカウリスマキ監督の映画ほんとにすてき
当たり前のように仕事があって家族がいて家があって、暖かい布団で眠れることがどんなに恵まれていることかと改めて思い知らされた…。
同じ人間として生まれて、こんなにも境遇が違うことは不公平すぎるし、このやるせない気持ちをどこにぶつけたらいいかもわからない。
でも、世の中捨てたもんじゃないなと思わせてくれる人もどこかにいる。救いの手を差し伸べることができる人は、ただただすごい。
自分もそんな人になりたいと軽々しく言うことはできないけど、とても温かい気持ちになった。

そしてこんな内容なのに、笑えるシーンも入れてくるアキカウリスマキはとっても素敵!でも考えてみれば、悲劇も喜劇も人間とは切っても切れない関係。
日傘

日傘の感想・評価

3.7
暗闇の中に光る、小指の先ほどの明かりを見るために、彼の映画はある。
現実に基づいたシリアスなシーンをあえてコミカルにして観る側を飽きさせない作り。ほのかな笑いが余韻として残る。
最初は眠かったが途中からは最後まであっという間だった。
Masa

Masaの感想・評価

3.5
映画サークルの月例会で鑑賞。
家を壊されたり家族を殺されたり妹と逸れたり、相当にハードな境遇だけどもそれを少しだけ和らげてくれる音楽とユーモアがあった。
>|