希望のかなたの作品情報・感想・評価

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

sbms

sbmsの感想・評価

-
カウリスマキさんのように世界を見ることが出来たら、優しさを選択出来ると思う。
tori

toriの感想・評価

4.2
「なんで今札幌にいるの?」
「それがさぁ本当は大阪に行こうとしたんだけど東京駅で1本新幹線乗り遅れた挙句、修学旅行の団体に行手を遮られたりなんだり気がついたら札幌だったんだよね 笑
」見たいな

シリア難民がフィンランドに流れ着いたこんな身の上話があったり、難民同士友達になったり、周りに助けてもらったり難民であることもはあながち悪くないじゃんと
救いが見える
この監督ならではのオプティミスティックで優しい世界観

登場人物の飄々とした独特の立ち姿
暴漢に対し数人が突然ぬらっと蜂起する辺り病みつきになる
ちあき

ちあきの感想・評価

4.1
初めてのアキ・カウリスマキ作品
独特な眼差し、間合い、光の差し方…
TM

TMの感想・評価

4.2
インペリアル・スシ!!!

これまた面白いのつくるなー!さすがはアキ・カウリスマキ監督だ。

このタッチ・テンポで描ける際のは唯一無二ですね。どの作品を見ても引き込まれる!

日本にはあり馴染みのない難民問題。僕が知らないだけ?

何を基準に認定され、何を基準に送還されるんだろうか。

希望のありそうなフィンランドの表と裏の顔を平等に描いて、そこに楯突くことなく受け入れて、流れを読んで生きて行く人々の姿に誇りと笑いを与えてもらえた。

オーナーの自分の信ずるもので生きていくスタイルは、もしかするとこの数年で見た映画に登場する誰よりも人間味のある男らしさを見せてくれたのではないか。

自分の直感を信じて人生謳歌したいものですね。
あーカウリスマキ映画だという感想。暗闇から出で、暗闇に身を隠す。
ASA

ASAの感想・評価

-
2018.7.15 日
昨日の晩から観てみて、ただでさえ眠いのに夜やと眠気がすごくて、途中で断念。翌朝観るとするする観れた。

過去の無い男、も観たことのあるカウリスマキ監督
でも観たことも忘れるくらい印象になくて
でもブラックユーモアが効いているとか
笑える、最高なんてレビューを読んで
わたしもわかりたい!!!と思いつつ
どうしてもわからんのが正直なところ

わかろうとしすぎてるんかしら
観てるとどうしてもねむくなる。
面白さを誰かおしえてください( ;;)
LEONkei

LEONkeiの感想・評価

3.8
今の自分にとって現存する監督の中で名前だけで観たいと思わせるのは、〝アキ・カウリスマキ〟と〝ロイ・アンダーソン〟だろう。

その〝アキ・カウリスマキ〟作品全てに言えることは〝虚無感〟。

全てに於いて生きることの意味さえ感じられず虚しい感情。

この『希望のかなた』も過去の作品同様、理不尽な世の中に孤独に生きる男を描く。

悲壮感のどん底なのに滑稽に見える描写は〝アキ・カウリスマキ〟の真骨頂だ。

相変わらずの味わいあるクセの強い個性の塊なミュージシャンらも健在。

今回はシリアからフィンランドへやって来た難民〝カーリド〟と、セールスマンを廃業しレストラン経営を始めた〝ヴィクストロム〟の2つの物語が展開されリンクする。

どうも難民役の青年〝カーリド〟が〝山田孝之〟に見え気になって仕方なかったが、失望感と喪失感を重ね合わせた無表情の演技は〝ヴィクストロム〟と共に良かった。

どちらも虚無感の中にも希望を持っているからこそ生きていられるのだろうが、この映画がハッピーエンドかバッドエンドかは意味がないような気がする。

こういう〝虚無感〟を抱えながら孤独に生きている人々が、世界中に存在しているんだと知ることに意味があるんだと思う..★,



※追伸
さあ、今夜はウィンブルドンで大会史上2番目の長さ6時間36分の戦いを制したK・アンダーソン(南アフリカ)と、世界ランキング1位のR・ナダル(スペイン)と2日間に渡る5時間の死闘を制し復権を懸けて挑むN・ジョコビッチ(セルビア)との決勝を楽しむ。

その2時間後、ロシアW杯では大国フランスとクロアチアの決勝戦。

不毛なユーゴスラビア紛争によって独立したクロアチアの司令塔〝ルカ・モドリッチ〟は、紛争中セルビア軍によって故郷は戦場と化し身内を殺害され幼少期には難民暮らしを余儀なくされた。

奇しくもロンドンではウィンブルドンのセンターコートに立つセルビア人のジョコビッチ、一方モスクワのルジニキ・スタジアムのピッチに立つクロアチア人のモドリッチが同じ日に決勝を向かえるのは運命か…。

今夜は寝られない。
michinori

michinoriの感想・評価

3.0
物語は淡々と、そして、緩い雰囲気、空気感で終始進みます。紛争、難民を題材にした作品だけど、そんな社会的雰囲気を重く感じさせない、コミカルな作りです。
この監督の作品は初めて観ますが、この作りは監督の手法で特徴なんだろうけど、少し物足りない感じがする作品でした…
(寿司には笑ったけど…😅)
mar88

mar88の感想・評価

-
アキ・カウリスマキ監督の映画には、忙しい日常に飲み込まれていると忘れてしまうような優しい思い遣りを思い出させてくれる一言が必ず隠されている気がする。
イヘ

イヘの感想・評価

4.6
やはり大好きだ、
カウリスマキ

主張しない優しさをみせてくれる
>|