希望のかなたの作品情報・感想・評価・動画配信

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

3.9

あらすじ

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

アキ・カウリスマキ監督作1本目鑑賞。難民問題をテーマにした今作。素朴な雰囲気があるがユーモアある映画。
のんchan

のんchanの感想・評価

4.1
フィンランド続きでもう1本‼️
アキ・カウリスマキ監督作品。
『ル・アーブルの靴みがき』は好きな作品でしたが、こちらも難民のお話。

何というかユーモアというより、あまりにもシュール過ぎて笑って良いのか??
でも次はどうなる??と飽きる事なく進みます。


冒頭からビックリします。
ヘルシンキに到着した貨物船の石炭の山の中から、真っ黒な顔がヌーッと出て来る主人公カーリド(この男、姿形が山田孝之にしか見えない。顔もだけど体型や歩き方がソックリ)からこの物語は始まります。
難民申請をしても許可がすんなり降りることはなく...妹と生き別れていて、心配しながらも、気に入ったフィンランドで仕事を探す事に。

そしてこの物語は同時並行で進みます。
もう1人の主人公がいます。フィンランド人の中年男のヴィクストロム。衣類のセールスマンをしていたが、酒浸りの妻に呆れて、指輪を置いて家を出ます。新しい人生を歩むべく念願だったレストランオーナーとして物件を購入するが、そこの従業員たちが無気力で個性的な面々。でも悪人じゃなく憎めない。3人の連携態勢が愉快!
このレストランでは、寿司戦略を打ち出し、🍣にワサビのてんこ盛りが並ぶ😂💦💦

山田孝之、じゃなかったカーリドがそこのレストランで雇われる事になり、ようやく物語が1つになります。


ヨーロッパ社会が抱える大きな課題である難民問題に切り込み、それでいながらカウリスマキの持つ、独特の芸術性を巧く押し出している作品になっている。

難民3部作らしい(この作品は2作目)ので、いつか世に出る3作目を楽しみに待つ事にします。
kaz

kazの感想・評価

3.9
別の映画を観ていて、あまりの情報量の多さに数十分で挫折した後に今作を観始めたら一瞬でスゥーっと入ってきた。

個人的には2作目のアキ・カウリスマキ監督作品。こういうのを求めていたんだな。

村上春樹がアキ・カウリスマキ監督(フィンランド)について言及している旅行記があるんだけど、それを思い浮かべながら観ると尚良し。👍
oyasumiy

oyasumiyの感想・評価

3.8
なんてかわいい映画
スシシーンは思っていたより少なかったけど、ものすごいインパクトだった(ワサビ乗せすぎやろ)
みなさんの無表情っぷりがまたなんとも
ムウ

ムウの感想・評価

3.1
まあまあです
明るいテーマではないけど
レトロな感じでおしゃれなのか、シュールだからレトロに見えてくるのか?
とにかく独特の雰囲気

茹でたジャガイモとオイルサーディン(缶詰)
yoko

yokoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

特徴的なミニマムさとユーモアとアイロ二ーで、市井の話に温かみを生ませる。
声高に訴えず、問題提起もあくまでクール。
小津安次郎リスペクト。
ラストの主人公の笑みが印象的。
Toko

Tokoの感想・評価

3.5
登場人物たちの無表情が作り出す独特の雰囲気が異文化を感じさせる作品。
いつか見た、グルメのドキュメンタリー番組で、亡命のため命がけの国境越えに何度も挑戦する若者たちのことを思い出した。

どうかこのままフィンランド、でなくてもどこでもいいから、妹と幸せを感じながら元気に暮らしてほしいと願うばかり。


不意打ちで登場したわさび寿司には笑った。
何度か出てくるおじさんバンドの音楽や、主人公が演奏する弦楽器の悲しげな音色は良かったな。

このレビューはネタバレを含みます

映画「ブリッジ・オブ・スパイ」の中で
ドイツ系アメリカ人にトム・ハンクスは言う。
君はドイツ系、私はアイルランド系
私達をアメリカ人と規定するものは
「規則」だ。つまり「憲法」だ。
規則に同意し、
法を遵守してこそ私達は「アメリカ人」となる、と。

この映画では役所が「規則」に従い、
法に則って難民に対して非常な決断を下す。
そして善意の人達は法を犯し
難民に救いの手を差し出す。
その行動に迷いはない。

法を無視するこの人達を
トム・ハンクスは許してくれるだろう。
国を失った人達は「アメリカ人」という定義さえも持っていないのだから。

全ての国の内戦が終わり、
難民が自分達の「国」へ帰れるよう
神様、どうかよろしくお願いします。
あー

あーの感想・評価

4.8
アキ・カウリスマキ大好き
この人ほど日常の幸せを感じさせてくれる監督は他にいないよ
見よう見まねでつくるわさびてんこ盛りの「スゥシィ」も最高!
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.3
希望のかなたにあるものは 希望とは反対のもの。無表情の先にあるものは たくさんの感情。ユーモアと高級感の中に見る世界の現実。
>|