希望のかなたの作品情報・感想・評価

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.1

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

こすも

こすもの感想・評価

5.0
始まりからずっと台詞がなし。
無言の画面で観客の意識を引き付けたところで、ばーんと弦楽器のトレモロが印象的なBGMが入り、画面のストリートミュージシャンの音楽に引き継がれていく。
もう最初からカウリスマキ監督の世界。
演劇的な動きと会話によるくすりとした笑いと、スシネタをぶちこみ引き起こす大笑い。
留保のない善意の肯定があると同時に、無慈悲と悪意の呵責を描き出す。
好きなシーンは、ヴィクストロムがアンダーグラウンドのカジノでポーカーを大勝するシーンとカーリドが難民収容施設で中東の民族楽器を弾くシーン。
siorine

siorineの感想・評価

4.0
はじめてのカリウスマキ作品。
途中途中に入ってくる歌が映画の味を醸し出している演出が独特だった。
シリアスな現実を描く部分もありながらユーモアを忘れないスタイルに愛を感じた。
わたしには少し早かった気がする…


最後のエンディングで音楽止まって、沈黙に我慢できずに笑ってきまってまじで申し訳なかった。

フィルマークスとか新聞の記事読んで、監督の意図とか、色々理解しました。

映像は綺麗で、淡々としてる感じでよかったな、フィンランドいってみたさ
Kimura

Kimuraの感想・評価

5.0
The other side of hope。まさかの知り合い登場でかなりサプライズ。
2018/1/19
@リーブル梅田

主役が、山田孝之に見えて仕方ない…

Aki Kaurismäkiの独特の、間と光と影。
そして、僅かな表情。

随所に流れる音楽が気になった。
Katongyou

Katongyouの感想・評価

4.0
ずーっと浸っていたいカウリスマキの世界。文句なしに最高でした。大好きです。お寿司の場面は笑った。お店の慎ましきヒーロー達。トラックの運ちゃん。辛いけど辛くないラスト。犬が超絶可愛い。
ゲル

ゲルの感想・評価

4.0
余計なBGMがないのが好ましい、静かで淡々としたフィンランドらしい作品。
最後の明るい曲だけ「ん?」となったけれど、気になった点はそれだけ。
寿司のエピソードは最高にシュールだった。
店員のコスプレ感は反則級である。

うわべだけの優しさや偽善ではない、本当に人を思いやる優しさに触れられて心があたたかくなった。
こつ

こつの感想・評価

3.2
不思議すぎた。
寿司面白かった。
みんなどえらい仏頂面だけどやさしい。
ryo

ryoの感想・評価

4.0
センターでカウリスマキ監督の出身地は?ならフィンランドと答えられるのにな



じんわり、少しずつ考えさせられる。
そして愛すべき変人たち
とても素敵な人たち
カーリドとイラクの青年のやりとりも好きな場面

スシは笑ってしまう
ほんとに日本好きだな!
猫

猫の感想・評価

4.1
カウリスマキは大好きです。
実は二回観ました。
と言うか
正確に言うと、1.6回鑑賞😌
一回目、フィルム上映での鑑賞は
仕事帰り20時からの鑑賞だったため
半分どころか、三分の二
寝ていたことが
二回目デジタル上映を観て判明しました😅
余談ですが、やはり
自分はフィルム上映の方が好き。
200円くらいの差だったら、絶対にフィルム上映を選ぶなぁー。
(200円ってとこが、セコい😌)


何ともいえない感じで笑わせてくれるのと、
とぼけた犬の存在は、相変わらず(笑)
lastは観客に委ねています。
欧州の、どこの国でも
難民問題は深刻化しているのですね。

私が一番感じたのは
「優しさ」というか「思いやり」は
つながっていく(連鎖していく)ということ。
トラックの運ちゃんの台詞が憎いです。
国の施策がどう、とかではなく、
個人個人が人を思いやるという事が
大切であり、大事にしていきたいと思いました。

 2018.01.12(フィルム上映)
 2018.01.14(デジタル上映)
 名古屋シネマテークにて鑑賞
>|