希望のかなたの作品情報・感想・評価

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

Rena

Renaの感想・評価

3.3
難民問題を題材にした映画

セリフのないシーン
巧妙なショット
俳優陣の佇まい
まるで行間のような絶妙な間

ところどころで挿入される、フィンランドのおじさんが歌うロック?のような味のあるサウンドに、思わず聞き惚れてしまいました。
カッコ良さの中ににじみ出す哀愁
これは、酸いも甘いも噛み分けた人にしか出せない雰囲気ですね。

主役のシリア人青年カーリドを演じたシェルワン・ハジ、いいですね。彼の演技に見入ってしまいました。
カーリドは何ヵ国語か話せるようでしたが、実際は母国語しか話せない人もいるだろうし、他国にたどり着いたとしても、長年の生活習慣とは異なるその国の文化に適応しなければならないことを思うと、なかなか緊張は解けないですよね...

偶然の出会い 一時の衝突
やはり、嘘偽りのない本音や積もった想いを本気でぶつけると、必ず相手の心に届きますよね

どんなにもがいても、どんなに真摯な態度で臨んでも、どうにもならない事がある
そういう時に触れる憐れみではない真の優しさは、本当に温かい
小さな優しさの積み重ね
そして、そこからうまれる信頼関係は何ものにも代え難い

シリア人青年カーリドとレストラン経営者ヴィクストロム
偏見に満ちた世の中で起こる、一握りの運命的な出会い。境遇は異なる二人ですが、シンクロする部分、ありますよね。

責任を持って手を差しのべることの大切さ、また "出会い" について、改めて考えるきっかけとなりました。
わさびの適正量を知っているから笑える。クリームチーズのようなものかと想像する外国人には両手離しで笑える場面かと考える。それを疑うことなくそういうものだと信じ込んだとしたら。
映画に限らず自分がその外国人となる可能性は容易にあり得る。
一番の盛り上がりどころで変な事を心配していた
kyoko

kyokoの感想・評価

4.0
@フィンランド映画祭
私にとって初めてのカウリスマキ作品。

みなさん極めて無表情なのに、なぜにこんなにも優しさが滲みでるのか。
そして無表情での渾身のボケもたまらない。
唐突に犬、そして予告でも観られる間違いだらけのジャポニズムのシュールさには爆笑した。
音楽の生演奏に力入れすぎ感も◎
私の大好物が揃ってるではないか。
なぜ今までカウリスマキ作品を観なかったんだろう。バカバカ私のバカ。

難民から見たフィンランドは一見おおらかなようで闇を持つ。
受けいれる人数が増えれば増えるほど、難民に対して差別的排他的感情が出てくるのは当然だろう。北欧でも難民による性的暴行事件が多発していると聞くが、もしこれが事実ならば自警団の出現はしかたのないことだ(劇中の黒服団は自警という意味とは少し違うけれど)。

カウリスマキ監督は、理不尽にも家を失い故国から逃れなくてはならなかったひとりの誠実な難民(主人公カーリドが本当に真面目!)に対して温かいまなざしを向けると同時に、自国フィンランド人の温かさも強く描きたかったはず。
なので、カーリドにとって希望のあるラストであったと思いたい。

それにしても、主演のシェルワン・ハジ、鉢巻きつけたときの山田孝之感がハンパないわあ。
oco

ocoの感想・評価

5.0
ありがとう、カウリスマキ。私の青春はあなたと共に。
今年一年は、この新作を映画館で観ることだけを楽しみに生きてきました。本作においても、社会への皮肉、ユーモア、シュールな演出、歌のあとのドヤ顔、日本文化への敬愛、とカウリスマキ節満載で、全てにおいて完璧であった。
カウリスマキの熱狂的信者としては、これが引退作だという事実が未だ受け入れがたく、喪失感が半端ないけど、仕方ない。だって、カウリスマキだもの。
10年後ぐらいに気まぐれでまた新作を撮ってくれるだろうと期待。
aipon

aiponの感想・評価

3.5
はじめてなカウリスマキ。難民ていう重いテーマなのに笑えるところも。
ラスト前に一瞬私なりのハッピーエンドを描いてしまって、でも全然違った。幸せとか希望とかちょっと考えちゃった。
7子

7子の感想・評価

4.5
政治だったり人間性だったり、いろんな場面で うぅ、、ってなったけど、そんなんなってる私の背中を音楽とかセリフとかでバシーンて叩いてくれる、カウリスマキの優しさ!

次から次へとみんなの優しさに気付かされる。
Qbrick

Qbrickの感想・評価

-
最高です!
カウリスマキの様式美、堪能しました!
ask

askの感想・評価

4.8
アキはふざけてるようでめちゃくちゃ本気なとこがカッコいい。今回は特にそうだ。もはや頑張って隙間を見つけてふざけてるくらい。正直言って打ちのめされた。僕はどうしましょう。観終わってからずっと泣き出しそうな状態。
chiharu

chiharuの感想・評価

5.0
フィンランド映画祭にて鑑賞。

カウリスマキ好きなので、ひいき目な採点です。
重いテーマだけど、いつものユーモアを交えて進むので観ていて辛さはほとんどなく。

でもルアーブルの靴みがきのときのような、幸せ?な終わり方じゃなく、ちょっと不安も残した終わり方。

難民に対しての厳しい現実はありながらも、いい人たちもいて、あたたかい気持ちになりました。

急に出てくる犬と日本描写最高。笑

レストランのシーンは、
いちいちスクショしたくなるくらい美術も光もアングルも好きです。
またユーロスペースでも観るぞ〜
2017.11.8 フィンランド映画祭にて
扱うテーマの重さの割にクスリとさせるシーンがちょこちょこあってマイルド&シュールだった。
>|