希望のかなたの作品情報・感想・評価・動画配信

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

3.9

あらすじ

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

Reoto

Reotoの感想・評価

3.7
どのシーンにもユーモアと人々の優しさが滲んでいてあたたかい気持ちになった
レストランのシーン、ぼんやりとした光の描き方が印象的
rs

rsの感想・評価

-
「今の自分には誰一人幸せにできやしない」

仕事も私生活もやり直そうとするレストランオーナーと、家も信仰も失い、生き別れた妹を探す難民の青年。
ふたりの日常が交錯し、生きることに必死でも なお誰かを助けようとする人々が繋がっていく。

『いい人々のいい国』という希望を、不寛容な法や差別が裏切るけれど、慎ましく暮らす人々の善意が絶やすことなく灯し続ける。
(笑っちゃうような)大失敗をした夜に独り酒を煽るオーナーの無表情、その後ろで青い壁にさす一条の光のように、映画の中には絶望と希望が同時に在った。

平穏な日常は対岸の遠く向こう。
それでも名を偽らず 身を隠さず「生きたい」。
そんな妹の言葉と青年の微笑みに込められたのは、監督の最後の激励だろうか。
gdgdmk

gdgdmkの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

記録_20210615

希望にもいろんな側面・見方がある。

主軸のふたり、ヴィクストロムさんとカーリドがさくっと出会って、そこからドラマが生まれるのかな?と思ったけど、出会うまでが長かった!
始めにすれ違うだけでそこから一時間、各々の物語。けど、ここで各人の割りと鬱々した状況がとても丁寧に描かれてた暗いパートがあったから、ラスト30分の明るいパートが際立ったと思う。

出会ってからは冗談とか笑いの場面も多く挟まれるようになって観てる気持ち的にも明るくなってきて、カーリドと妹も再会して、ヴィクストロムさんも元奥さんと仲直りして、タイトルどおり希望が見えてきてやった~!

と思ったら、カーリドがフィンランド解放軍を名乗る男に刺されて…。
カーリドが最後に微笑んでいたけど、、、友達に言われたように明るく見せていただけなのかな。決して悲しいだけのエンディングではなかったと思いたい。

画がとてもすてき(すき)。感情や状況に応じた光と影の使い方とか…。物語的にも画的にも明暗がいい味だしてた。
(方向を見失った寿司レストランが失敗に終わったあとにおじさんが独りで酒をあおるシーンとか最高の画だった。)
偽装身分証作成の会話、わんちゃんの改宗ネタ、日本ネタ(エキストラが本物の日本人…?!)に笑った。
BGMがなくて単調だけど、過度なドラマチックさを演出してなくてそれがいい。そして切り替えの挿入歌が素敵。

英題がthe other side of hope.
これに希望の"かなた"って邦題あてたのが個人的にすき。
(かなた: goo辞書より
[代]遠称の指示代名詞。
1 話し手・聞き手の双方から離れた場所・方向をさす。また、現在から遠く離れた過去・未来を示す。あちら。あっち。「彼方の山」「忘却の彼方」
2 ある物に隔てられて見えない場所・側などをさす。向こうがわ。「山の彼方」「海の彼方の国」)
全編通してシニカルでふざけているんだけれど、独特のテンポに引き込まれてしまった。
移民問題から派生する諸々をストレートに描くと、恐らくは軋轢を産むでしょう。
だからこそ、こんなアプローチを取ったんだと一方的に解釈した。

暖かい。
不器用な優しさが暖かい。
エンディングはHappyな方に解釈したからね。
移民を囲って逃す映画。
カウリスマキの映画は坦々とした説明口調の構成と絵作りが良い。
まめ

まめの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

みんな笑わないから独特だった笑
お寿司のわさび!😂😂

「この犬賢い。少し話したら仏教からムスリムに変えるっていってた」とかかなり爆笑したんだけどなんで笑わんのよ!笑

おじさん優しいよ
shi

shiの感想・評価

-
低予算映画なのかな?
ストーリーはよかったです。
やっぱり外国映画ってなんでこんな日本の描き方になるのかな?と思ったけどまあ面白かったです。
遊

遊の感想・評価

-
カウリスマキ引退するなんて言わないで、と思ってたけど、このラストシーン見たら これは「カウリスマキ映画のラストシーン」だと思えるような説得力があった いち作家の20作近いフィルモグラフィの結び方として文句なしにキマってる

ブレッソンの作風にユーモアと饒舌な音楽を違和感なく融合させているのがカウリスマキの作風だと思っているけど、今までのどのカウリスマキよりも「音楽」が作品の核を担ってた、なんならレニングラードカウボーイズよりも 音楽がもつ救済の力 台詞では一切言及されないけど

全て失った人間のリスタート、という物語はいつも通りで、"脱走"は真夜中の虹、"レストラン"は浮き雲、"急な日本要素"もラヴィドボエームで観た、"難民"は近作ルアーヴルの靴みがきだし、本当に集大成だ
ある瞬間に主人公も物語もグインと走り出してそこに最高の音楽が最高のタイミングで入って追い風が吹きすさぶ感じなんか処女作の罪と罰からずっと同じことをやっている、ずっと同じことをやり続けるって本当に素晴らしいことなんだって心から理解した 本当にありがとうカウリスマキ でも全然前言撤回して新作つくってもらいたいとも思っています
crn

crnの感想・評価

3.0
無表情で語らない人々と、絵になる色味と構図と、独特のテンポのカウリスマキらしさが心地よかったのは中盤までで、終盤はちょっと拡散してしまった印象。ラストの主人公の姿に、「歴史的な背景からフィンランド人は難民に寛容」という説明セリフがあったのは、今後もそうあってほしいという監督のメッセージなのかもと思わされる。

それにしても、この絵の中に日本人らしき人たちが入ると急に画面が崩れてしまうのはどういうことなのだろう。寿司エピソードは、日本的寿司がある程度知れ渡っていると仮定して他国の人に通じるユーモアなのだろうと想像。
とも

ともの感想・評価

3.7
アキ・カウリスマキ監督作品は初めて。

難民申請をし、生き別れた妹を探す兄。
辛い状況が続いていたが、レストランのオーナーと出会って少しずつ状況が良くなっていく。

あのワサビの量はビックリ!ほぼご飯と1:1(笑)。その反応が全然分からない。
笑っていい所もあると思うのだけど、みんな誰も笑わないから淡々と進んでいく感じ。
でも人との交流や人助けは当たり前と言う感じなのか、朴訥とした人柄の人達が多いのはよいのかも。

平均点は高評価ですが、かなり独特な作品で合う人合わない人別れると思います。
>|