希望のかなたの作品情報・感想・評価

希望のかなた2017年製作の映画)

Toivon tuolla puolen/The Other Side of Hope

上映日:2017年12月02日

製作国:

上映時間:98分

4.0

あらすじ

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまっ…

内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランのオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手を差しのべ、自身のレストランに雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて“家族”となり、彼らの人生には希望の光がさし始める…。

「希望のかなた」に投稿された感想・評価

eddiecoyle

eddiecoyleの感想・評価

4.1
監督の怒りの発露があちこちに見え隠れして、所謂オフビートなのにエモいのなんなの。
yukino

yukinoの感想・評価

4.5
無愛想で無表情で淡々としてるどこか社会のあぶれ者的な人々が、妹を見つけたいのに強制送還されるところを逃げてきた難民の青年をかくまうというストーリー。
みんなニコニコしてる感じじゃなくて、不思議にぶっきらぼうで、素朴なんだけど、ユーモアがあって優しいんだよ。
カウリスマキ監督の色と世界の中に、見逃しちゃいけない難民の問題と、それを受け入れるフツーの人たちの温かさと、時々挿入される音楽。
心が温かくなるし、この人たちみたいでありたいって思う。
素朴で無口なんだけど血の通った人間味があるって気質、すごく、北欧っぽいなあって思った。
また、世界館というレトロな雰囲気ある映画館で観れたのも良かったんだろうなあ
beego

beegoの感想・評価

-
全体のストーリー対して各シーンの配分が不思議というか変。で、やっぱりお寿司が大好きなんだなあ。宣伝ポスターを見ただけでそれと分かるカウリスマキの世界。テーマは重いけどライトな見ごたえ、面白かった。
kazusd

kazusdの感想・評価

4.0
面白かったぁ。大学時代の映画付き友人に連れられてスクリーンで観てきました。題材は決して笑えるものでは無いのですが、それを暖かく観終わらせてくれ、ずいぶん久しぶりにパンフレットも買ってしまいました。難民3部作とのことでしたのでこの後もまた楽しみが増えました^_^
KMD

KMDの感想・評価

4.2
無口でぶっきらぼうで優しい人たちの愛情ある物語、100%カウリスマキ映画。シリアスとコメディと音楽と色使いのバランスが絶妙、んで喫煙シーンめっちゃ多いね。大変好みな作品。
最っっっっ高。
いちばん最初に音楽が流れるシーンからしてもうワクワクが止まらない。シビアな現状をコミカルに描いててすごい。途中ただのギャグみたいになるのも良い。
とにかく音楽が素晴らしいのと、基盤がポジティブなので身構えることなく観ていられる。
mimiko

mimikoの感想・評価

4.2
スタイリッシュで、でも温かくて、そして深い❗ やっぱカウリスマキはいいなぁ。
ミク

ミクの感想・評価

4.0
初アキ・カウリスマキ!心地良い。ミニマムな会話と場面で魅せる展開に、読み取り力が問われ一度見ただけでは分かり切らない。既にもう一度観たい!ってなってます。寡黙な人物像だけどさり気ない行動でその人自身ユーモアだったり温かさを表現するのが秀逸。

テロが多発してることからも分かるけどヨーロッパの難民に対する偏見や差別は深刻なんだなと、遠い所で起こってることだから他人事になってしまいそうだけど、駄目だなと痛感した。言葉や文化の違いで生まれる壁をぶち壊していけるかは、人間らしさやコミュニーケーションを取りたいっていう純粋な気持ちが大事だなーと思う。

いちいちブルースな音楽が最高。ジミヘンのポスター。
淡々と静かに物語は進むが観終わった後にとても考えさせられた。
ラストシーンの主人公の状態は今の難民をそのまま表しているように感じた。
2017年12月9日、渋谷ユーロスペースにて鑑賞。(17:25~の回)

アキ・カウリスマキ監督作品だから観た。
フィンランド映画。今どき珍しい35ミリフィルム上映。

難民問題をテーマに描いてはいるものの、暖かい眼差しで人間を捉えた映画になっているあたりは、さすが!

青年カリードはシリア内戦が激しくなって、自分の家を壊されて、その瓦礫の下から父母など家族を失った。ただひとり、妹を除いて…。
その妹を異国で探すカリードは、難民認定も得られずに、当局から逃げながら、妹探しを続ける。

人の良いレストラン経営者に雇ってもらって働くのだが……。


他の監督が描いたら重い映画になりそうなテーマですが、そこはカウリスマキ監督は優しい!

怪しいスシ(寿司)は楽しい(笑)

なかなか素晴らしい映画。
>|