rubens

すばらしき映画音楽たちのrubensのレビュー・感想・評価

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)
4.4
良い映画だった。

ハンス・ジマーが「ジョン・ウィリアムズを呼んでくれと言いたくなる」とか、スタジオミュージシャンは常に初見大会だとか、スピルバーグとジョン・ウィリアムズのETを作る過程とか、テーマソングがないとスーパーマンは飛べないとか。

観ている間は意識しないけど、心揺さぶられたり忘れられなくなったり。目線の移動にも一役買っている。映画は総合芸術で、大勢が関わっているというのがよく分かる。出てきた映画をまた観たくなる。

原題のSCOREも素敵。