すばらしき映画音楽たちの作品情報・感想・評価

「すばらしき映画音楽たち」に投稿された感想・評価

たがし

たがしの感想・評価

4.1
むちゃ感動した。
映画音楽は感情の潤滑剤。
監督の想いをどう音楽に落とすか。そこには、作曲家の強靭な精神力でもった努力が隠されていたのかー。
こうやって解説されると、たしかに必要不可欠な存在なんだなぁと気づく。音楽ないとジョーズやサイコは意味不明になるし。
みんな揃って言ってるのは、
ハンスジマーは伝説。
ジョンウィリアムズは神。
ETのような有名すぎる曲が誕生する瞬間のシーンもグッときた。
映画の見方が変わりそう!
いや〜すばらしかったです。映画と音楽の結びつきなんてある程度理解してたつもりやったけどホントに奥が深くて楽しい講義を受けているような感覚でした。

こういうの観ると映画を好きで良かった〜って純粋に思うし.そんな映画を愛する人たちに鳥肌という刺激や感動を贈るために身を削って名曲を生み出す彼らのプロフェッショナルな仕事がめちゃくちゃカッコ良かったです。
ハンス・ジマーほどの人でも尋常じゃないプレッシャーや恐怖を感じながら作曲してるってのに驚いたし、人の心を動かすのはそれぐらい極めなきゃ難しいってことなんですね〜

‬無声映画時代からの映画音楽の変遷や見たこともない楽器での作曲も楽しかった。その映画のそのシーンにしか合わない曲を探求するストイックな作業に改めて感動しました。ジョン・ウィリアムズら映画音楽に革命を起こした人物を楽しそうに讃えるこちらも名だたる作曲家たちの言葉も重みがあるし、名曲だらけ、いろんな記憶が蘇る至福の時間でした。‬

名曲とともに作曲家の想いを聞くと今後の映画の見方にも変化が起きそうな有難い時間でした〜
Taka

Takaの感想・評価

3.9
ラブコメは音楽が大事だってJustin Timberlake がステイフレンズって映画の中で言ってからそこからラブコメのBGM音楽が大好き。そんな裏方が見れます。タタタタン⤵︎♪
お気に入りはやっぱりBTFとジュラシックパーク❤️
タララーラーラ、タララーラーラ、タラララーラーラーラー♪♪♪
意外とドライブで聴くと盛り上がるんだよね🤔
でもドキュメンタリーだから携帯触っちゃいがち
まさ

まさの感想・評価

4.0
素晴らしい作品に出会ってしまいました。

「ジョーズ」「スターウォーズ」のテーマ曲で知られるジョン・ウィリアムズや、現在第一線で活躍しているハンス・ジマーをはじめとする多数の作曲家達の映画音楽を取り上げている。このドキュメンタリーは、名作映画の映像とその音楽、関係者のインタビュー、制作風景等で構成されている。全編美しい映画音楽が鳴り響きとにかく心地よい90分となっている。

作曲家達の情熱が伝わるのはもちろん、映画音楽の歴史や、制作過程(制作の裏側)、作曲家の苦悩等がとにかく印象に残る。

映画ファンの皆さんはもちろん映画音楽が大好きだと思いますし、興味あると思います。このドキュメンタリーは映画音楽の重要性や、知られざる制作裏側、映画音楽を生み出す難しさ、それと作曲家達が締め切りに追われる苦労話など、とても興味深い内容です。(作曲家の皆さんはこの仕事を愛していて、情熱的で、とにかくプロとして素晴らしかった。)

今後の映画音楽を楽しむ姿勢も変わるかもしませんし、本当おススメで、一度は観てほしいドキュメンタリー。
miyakkai

miyakkaiの感想・評価

3.6
いちいち鳥肌!!
もっと映画が見たくなる映画。
映画って素晴らしい
おそらくコレを中学生くらいの時に観ていたら音楽監督とか音楽家を目指していただろうし、これからみる映画の視点が大きく変わりそうなきっかけになる映画!
人の視線の移動に合わせて音楽を流す話の件、自分は学生時代サッカー部だったがボールウォッチャーにならないよう気をつけろ!って先生に言われた事を思い出した😮※人は自然と動きのある場面に注目してしまうので、ボールばかり見てないでマークする人の動きも見ろと😮
レトロ

レトロの感想・評価

4.5
映画には様々な物が合わさって作られている。本作は、その中の「映画音楽」に焦点を当て、映画音楽作曲家達のインタビュー等を交えて作られたドキュメンタリー作品
ジョン・ウィリアムズとハンス・ジマーをメインとし、各作曲家達の映画音楽を作るにあたっての苦労やアイデア等の秘話+名曲達を聞け、終始鳥肌が立ちっぱなしのとても充実した時間を過ごしました🎵🎵🎵
映画音楽達には人それぞれに思い入れがあり、その音楽を聞くだけで映像が頭に瞬時に呼び起こされ、もう一度あの時の興奮や感動が蘇ってくる…まるで魔法の様な素晴らしい力を持っていますよね😊
日頃からFilmarksを扱っている映画好きの皆さんならば、この作品に出てくる数々の触れられない芸術達✨をきっと思う存分に楽しむ事ができるでしょう✨✨✨
django

djangoの感想・評価

5.0
映画の見方がほんの少しだけ変わるかもしれないドキュメンタリー。
名作映画のワンシーンを見ながら映画音楽の製作秘話を聞き続ける映画だ。
白黒映画の時代から、現在まで。
進化を一気に体感する。

ジョン・ウィリアムズを絶賛しまくる時間が多かった。
特にハンス・ジマーが絶賛していた。
ハンス・ジマーは、相当プレッシャーにやられている感じの人で、仕事を断りたい時は、
ジョン・ウィリアムズに頼んでくれ!
と言うジョークを披露してくれた。
そんなハンス・ジマーも天才なんだが。
作曲家それぞれ、個性が強かった。

音楽が映画を作っていた。
革新的な映画には、革新的な映画音楽があった。
映像に合わせて音楽を作っているので結果的にそうならざるを得ないのだと思われるが、作曲家の適応力に驚かされる。

休みの朝にはうってつけの映画だ。
いろいろな映画をまた観たくなる。
音楽を聴くだけで、映画の世界に戻れる。そんな曲ばかりだった。
好きな人にはたまらなく好きなドキュメンタリー。

映画音楽の作曲方や考え方にフォーカスしているというよりは、映画音楽そのものに焦点を当てていく。

超有名映画を綴ってくれているだけでも満足なのだが、なにが革新的だったのかなどの解説もうれしい。

出てくる方々のプロ意識の高さや、チャレンジングな姿に感銘を受ける。

ハンス・ジマー、ジョン・ウィリアムズはやっぱりすごいんだな。

そして、エンドロール中に挟んであるタイタニックは別格感がある。やばいです。
>|