すばらしき映画音楽たちの作品情報・感想・評価

「すばらしき映画音楽たち」に投稿された感想・評価

60jan

60janの感想・評価

-
良い映画、良い映画音楽の、最高に良いとこばっかり
ドキュメンタリー
もう泣くしかないでしょ
ジョン・ウィリアムズの尺がやっぱり結構長くて、わしはE.T.で鼻水と涙で大変なことになりました
映画音楽の歴史、製作の過程、名のある作曲家たちのこと、勉強になりました
本当にありがとうありがとう
ァ〜〜映画観てェ〜
映画音楽の歴史、映像と音楽の関係、作曲家、スタジオ録音の様子などの舞台裏まで描かれていて、興味深かった。
映画と音楽の素晴らしさを感じられる映画。
賛否あるのはわかっていますが、それでも私は何度も泣きました。
とてもよかった。いつまでも観ていられる。
劇場で映画を観る最大の醍醐味は、そりゃIMAX3Dで観るそれ用の大作なんかも好きですけど、いちばんは劇場の音響だと思っていて。
洋画のあの曲、で泣いたことのある人はぜひ。
しかし映画が観たくてたまらなくなりすぎるのが困ったものです。
あれもこれも観直したくなるし、そういえばまだ観ていなかったっていうタイトルがたまる一方。
さあ、はやく第2弾を←
chaaaanpon

chaaaanponの感想・評価

4.1
鳥肌が…ドキュメンタリーで初めてかも…!
私もジョン・ウィリアムズ、ハワード・ショア、ハンス・ジマーに育てられたんだ、、(ジマーが人間臭くて驚いた!)
すばらしき映画音楽たちがすばらしき映画をつくってる…知ってるつもりだったけど全然わかってなかった!これから映画の見方が変わりそう
エンドロールで泣きました。
「ひとつだけルールがある。ルールなんてないってことだ」(し、しびれる…)
りん

りんの感想・評価

-
映画音楽って、何であんなにワクワクするんだろう、といつも思う。必ず映画のシーンが思い浮かぶし、口ずさみたくなるし。映画音楽大好き。
ジョンウィリアムズにハンスジマー、すごい人だなぁ。最後のタイタニックもすごくいい話だった。
尾木

尾木の感想・評価

-
映画音楽家へのインタビューを通して、映画音楽の歴史やその裏側を伝えるドキュメンタリー。

「名作には名音楽あり」を再認識。

自由さと極限への追求の中で作り込まれた音楽にも耳を傾けながら、更にたくさんの映画を観たいと思った。
ジョンウィリアムスは特にすごいと思ったし、彼のように自由なアプローチで芸術を表現してくれるすべての映画音楽家に敬意を抱きます。
その業界の第一人者にインタビューしてそれを繋げていくオーソドックスな感じのドキュメンタリーだか映画音楽の歴史、作り方、役割までよく分かる。
映画と音楽は切っても切れない関係だ。
映画プラス音楽ではなく、映画カケル音楽、であろう。

視覚に訴える映像と、聴覚に訴える音楽とが合わさり、
時間芸術として作品は昇華していく。

今作はハリウッド的視点から見た映画音楽のあり方を解いている。
「良い意味でも悪い意味でも音楽に希望が持てる」という表現、
この映画を見終わった時、その言葉を聞いて、なるほど、と思ったのだ。

作品はとてもよく出来ている、
ドキュメンタリーとして面白さに溢れ、
90分間退屈させないスピーディーな編集、
数々の名曲が散りばめられ、多くの偉大な芸術家たちの言葉から、
創作の楽しさ、音楽の持つ力、素晴らしさが語られる。
もちろん彼らなりの苦悩なども多少は描かれるけども、
全体通して、ポジティブな映画である。

ただこれは白鳥なのだ。
水上の白鳥を眺めて美しいなと素敵だなと感動すること、それに近い。

なぜなら語っている人たちは世界的に最高の環境で成功し、
本当に一握りのトップであり、ピラミッドの頂点に位置する人たち。

そういう意味で言えば、ファンタジーに近い。

作品は映画音楽の歴史を紐解いていくが、
それは結局ハリウッドに限定される。
多少モリコーネが出てくるが、
概ね、それ以外の国の作家は蚊帳の外に置かれる。
視点がボケないという意味では効果的であり、
余計なものを排除して、伝えたいことを絞っていると思う。
だからこれで良いと思う。
僕はエンドロールで感動した。

良い作品だと認めるけれど、これが全てではないなと。

ただやっぱり映画と音楽のタッグは本当に素晴らしい。
無限大に広がる創作の世界を垣間見れることは間違いない。
良い映画には良い音楽、間違いない。
けーな

けーなの感想・評価

3.8
映画音楽の素晴らしさを再認識できた。

今作に出てくる映画のほとんどを観たことがあるが、忘れてきている物もあるため、音楽を意識しながら、再び観なくてはと思った。
NATUME

NATUMEの感想・評価

3.8
クラッシック音楽から始まる映画音楽の歴史や心理学における音楽の映画における役目や録音・加工のテクニックまでを、映画音楽作家たちのインタビューを中心に知ることができる音楽映画。音楽とは何かということ含め勉強になるし、だから日本の映画がダメになっている理由もわかる…
>|