たたた

囚われた国家のたたたのネタバレレビュー・内容・結末

囚われた国家(2019年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

地球外生命体に支配された中で国家は服従してしまって、抵抗する人がテロリスト扱いされてる設定が面白い。

ストーリーとしては地球規模の危機に対して、1つのテロを実行する一部始終がほとんどで大きな展開はないけど、ディテールが細かくてリアリティを失っていない。

連絡手段がアナログで回りくど過ぎて笑えるけど、そういうの好き。

低予算SFとしては大満足。
ウニ星人や宇宙船などのデザインも新鮮さがあったし楽しめました😊