よろずや

女の一生のよろずやのレビュー・感想・評価

女の一生(2016年製作の映画)
2.0
1850年あたりの生活、価値観が丁寧に描かれている。この時代から、引きずらなくてもいいことを、私たちは引きずっている。