ERI

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブルのERIのレビュー・感想・評価

3.8
wowowで録画してたことをすっかり忘れていて、驚くほどクタクタな遅く帰ってきた平日の夜。録画リストのボタンを押すと、本作がリストに入っていた。52分なら今からでも観れる。ドラン♡一気に元気になる。

グザヴィエ・ドランを囲んで様々な人が彼を語る。「マイ・マザー」を17歳の時に撮ろうと決めたんだなぁ。夢を叶えるために勇気を振り絞ったはずよ、と語るアンヌ・ドルヴァル。そして、やっぱりウォン・カーウァイから影響を受けていたのかと、もはや感動すら覚える。好きと好きがつながる瞬間。

今の自分の状態と、いまこのドキュメンタリーを観れたことに鳥肌が止まらない。そして泣きそう。ドランの衝動と、表現をしたい欲に刺激を受ける。ドランかっこいい。突き進む情熱が。

「わたしはロランス」の制作秘話。映画の前に、予告編が。予告編の前に、音楽があった。だなんて、ワクワクが止まらないな。音楽や写真にインスパイアされてるから、あんなにもロマンチックな作品が生まれるんだな。

彼の映画をつくる姿勢や明確なビジョンに酔いしれる。