グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブルの作品情報・感想・評価

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル2016年製作の映画)

Xavier Dolan - A l'impossible je suis tenu

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:52分

3.8

あらすじ

ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイなど、彼の監督作に出演した名優たちや、カンヌ国際映画祭総代表ティエリー・フレモー、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』監督ガス・ヴァン・サントなどの映画人たち、そしてグザヴィエ・ドラン本人から語られる彼の映画に対する想い。そして、新世代の象徴として謳われる彼の魅力の秘密とは―。監督デビュー作『マイ・マザー』から最新公開作『たかが世界…

ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイなど、彼の監督作に出演した名優たちや、カンヌ国際映画祭総代表ティエリー・フレモー、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』監督ガス・ヴァン・サントなどの映画人たち、そしてグザヴィエ・ドラン本人から語られる彼の映画に対する想い。そして、新世代の象徴として謳われる彼の魅力の秘密とは―。監督デビュー作『マイ・マザー』から最新公開作『たかが世界の終わり』まで、グザヴィエ・ドランの全監督作品について語られる至極のドキュメンタリー!

「グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル」に投稿された感想・評価

具視

具視の感想・評価

3.0
レンタルにて。
この監督の作品好きでレンタルされたらすぐに観るけど普通に話してる所初めてみた。めちゃ早口笑
子役をやってたんだな。
衣装、カメラワーク、照明、演技、すべてにおいて彼のセンスと才能が爆発していることがこのドキュメンタリーでわかる。

ドランの初期作品はまだ観てないものがいくつかあるからぜひ観たい。ついでに一度観たものもまた観返したくなった。彼の作品は心で何度でも味わいたくなる作品が多い。

俳優としての彼、監督としての彼、グザヴィエ・ドランという人間そのものが非常に興味深く気になる存在である。

「自分の道を進めば、本物の仲間がわかる。家族を作っているんだ」という言葉が、グザヴィエ・ドランという人をそのまま表しているように感じた。
たく

たくの感想・評価

-
個性や才能を世界へ発信する意志に感銘を受けた

19歳という若さで華々しい監督デビューを遂げたグザヴィエ・ドラン
17歳で脚本を書きあげた第1作目『I Killed My Mother』(マイマザー)を世に送り出してから勢いよく名を広げていき
最新作の『たかが世界の終わり』までと
その軌跡は多くの人の心を揺さぶった
ここまで名を知らしめたのは紛れもないセンスと明確なビジョンを持っていたからこそだろう

監督だけでなく、主演、脚本、音楽、編集、衣装までこなし、他にないオリジナリティを駆使して追求する

独自のビジョンで確立する世界で描くのは一貫して "愛" 様々な愛の形を映し出す
映画の根本にある "愛" はドゥ二・ヴィルヌーヴ監督を連想させる

なぜここまで胸に突き刺さるような映画を創り出すことができるのか
自身を同性愛者と明かしているドランは日常的に居心地の悪さや痛みを感じて生きていてその経験からに他ならない

人と違うことで非難される現代社会に自分の意思を啓示することがどれだけ素晴らしいことなのかを感じさせられた

間違いなく注目すべき監督
ar1shi

ar1shiの感想・評価

3.3
とっても尊敬する逸材!
自分の哲学をしっかり持って、貫いて
若くして本当にすごいて言葉だけでは
片付けたくないくらい好きなお方←

このドキュメンタリーを見て
裏側での姿勢と物事に対する取り組みの
理由を教えてもらった気がするよ

『表現する』ことに対して才気を感じるほど!
色んな表現力を身につけ効果的な様々な技術で
受け手に鮮烈な記憶をのこしてくるところ
脚本、衣装、編集、
監督、俳優、予告編、字幕までこなして
あくまで表現することに色濃く取り組み
見る人に問題提起する事で、
無意識的に考えさせるところ

批難から学ぶ事が多い!って
あれだけ名声を持つアーティストが
どんだけ謙虚なんだろうと、
自分の成長の為に人と一緒に働くんだなーと
常に目的が、方向性が明確で
迷いながらも自分を信じて
突き進んでいく姿が
ほんとにかっこいいなーっと思う☆
がく

がくの感想・評価

3.8
「みなさんの好きな映画監督は?」


そう聞かれたら何と答えるかな〜??僕はウディ・アレンやホドロフスキー、そしてグザヴィエ・ドランが思い浮かぶなぁ。
好きな作品を撮っている監督が好きな監督になるのではないような気がしていて。どんな監督でも特徴を持っているわけで、その監督の作品群が好きだと、好きな監督と言えるのではないか。

僕はグザヴィエ・ドランが好きだ!どの作品も好きだ!ゴダールのような色鮮やかでアーティスティックな彼の作品が大好きだ!彼も映画が大好きなんだろうな。

本作はそんな彼についてのドキュメンタリー映画。特に『マイマザー』『胸騒ぎの恋人』の制作秘話が面白かった。

もっとドランさんが出てきてほしかったけど。

僕がヒゲを伸ばすのは、ドランさんに憧れているから。

最後に、ドランランキングを。
1 マイマザー
2 マミー
3 私はロランス
4 トムアットザファーム
5 たかが世界の終わり
6 胸さわぎの恋人
renache

renacheの感想・評価

-
ドランの作品を見始め、こういう映画を作る人はどんな人なんだろうと興味が湧いていたので、熱く語るドランが観られてうれしい
「Mommy」の正方形が生まれた背景や各映画の象徴的なシーンの話が聞けて、もう一度全部見直したくなった
siorine

siorineの感想・評価

3.3
マミーを初めて見て依頼、ドラン作品にハマって本作も鑑賞。
映画製作に魂を燃やす姿や、撮影の経緯やエピソード、何に影響を受けたかなどが共演者や製作スタッフによって語られる。
個人的にはマミーの中で、1:1の画面が主人公の解放された自由な心を表す様に、横に解放される描写が気になっていたので製作エピソードを聞けてよかった。
とにかく映画製作に魂を燃やし続ける彼を観て、美人短命ではないけど、世間に衝撃を与える作品を作りながら人生を凄いスピードで駆け抜けて行くタイプの人間ではないだろうか…と思い、より今の彼が生み出す作品たちを大切に観ようという気になった(かなり個人の主観)
7

7の感想・評価

4.0
来世はクリエイターになりたい欲が高まる。なんだかんだで全作見ている唯一の監督。これからの躍進と新作、楽しみにしてます。

映画の前に予告編、予告編の前に音楽。

不可能に挑み続けて。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.5
どうやったらそんなに強いイメージを持って進められるのか、、
彼の育った環境をもっと知りたい。

"失敗して学んで成長することは
人間としてアーティストとして
普通のことだ"

圧巻!作品見続けられる限り生きていたい。
りな

りなの感想・評価

3.7
絶えず自分を表現し続け、自分の痛みを作品に昇華させてきたドラン監督。ファンなのでインタビューとか読んでたからそこまで新鮮な情報はなかったけど、改めて好きだなと思いました。"彼が信じたもの" を見たいし、彼が撮りたかったものをもっと見たい。生きていく上で少数派に属することはとても足枷が多いけれど、彼が表現の世界で生きていてくれることによって、そこに属する人たちのみならず全ての人たちの価値観が広がり、移りゆく時代の中で最先端に彼がいてくれることに心強さを感じました。世界中の全員が彼の作品に魅了されるなんてことは思っていないけど、若く才能を持った彼のような存在が居てくれるだけで明日が楽しみだ。
>|