グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブルの作品情報・感想・評価

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル2016年製作の映画)

Xavier Dolan - A l'impossible je suis tenu

上映日:2017年11月11日

製作国:

上映時間:52分

3.8

あらすじ

ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイなど、彼の監督作に出演した名優たちや、カンヌ国際映画祭総代表ティエリー・フレモー、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』監督ガス・ヴァン・サントなどの映画人たち、そしてグザヴィエ・ドラン本人から語られる彼の映画に対する想い。そして、新世代の象徴として謳われる彼の魅力の秘密とは―。監督デビュー作『マイ・マザー』から最新公開作『たかが世界…

ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイなど、彼の監督作に出演した名優たちや、カンヌ国際映画祭総代表ティエリー・フレモー、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』監督ガス・ヴァン・サントなどの映画人たち、そしてグザヴィエ・ドラン本人から語られる彼の映画に対する想い。そして、新世代の象徴として謳われる彼の魅力の秘密とは―。監督デビュー作『マイ・マザー』から最新公開作『たかが世界の終わり』まで、グザヴィエ・ドランの全監督作品について語られる至極のドキュメンタリー!

「グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル」に投稿された感想・評価

scarface

scarfaceの感想・評価

3.5
やっぱり映画がないと生きていけないんだな。映画を撮らないと生きていけないんだ。大事なところ。そこだよな、そこ。
hyonaism

hyonaismの感想・評価

4.5
2018.6.20/64

くぅ〜〜〜〜〜〜っっっ!!!!!
グザヴィエドラン好きにはたまらなさすぎる!!!

彼が何を考えていて、どうやって作品に打ち込んでいるのかが短くわかりやすくまとまってる。

とにかくパッションのまま、自分の感性と「好き」を信じるままに、どんどんノンストップで作品を生み出していて。

でも、周りの人間をすごくすごく頼りにしていて信用していて。

プロデューサーらが「もっとこうした方がいい」って言ったことを素直にすぐ修正するっていうのが意外、
ちゃんと他人の意見も吸収して反映させるところが。
だから成功したし、成功してても傲慢じゃなくて素敵。

とにかくインプットとアウトプットの波がすごいなと思った。

雑誌や映画や何やらから、ファッション,トーン,インテリア,カラーなんでもインプットして、
良いと思ったものは素直に受け入れて自分のものとしてアウトプットする。

表現に対する情熱がすごくて、才能というよりかは好きなものを信じてただがむしゃらに進んだ結果なんだなと。

もっと良いものをって、製作を止めないのが、「あーなんか微妙」っていつも中途半端に物作りをやめる私にとってはもう胸に突き刺さりまくり。

あーすごく好き。
HZK

HZKの感想・評価

4.0
グザヴィエドランの映画、大好き

ちょうどゴダールの映画にハマってたときだった

フランス映画観ようかな
kmt

kmtの感想・評価

3.5
ドランガチ勢なもんで、トコトン調べ上げてるもんで、知ってる情報語られて終わりました。私の調べは合ってたんだ!と安心。

そんなことより、みんなの恋人ニールス・シュネデールが髭面で膝から崩れ落ちたよ。

自分の進みたい道を行けば仲間が見つかる。って言葉がすごく良かった。

自分を信じて、突き進もう。
あずみ

あずみの感想・評価

4.5
美しき天才。若きカリスマ

月並み並みの表現だけど、彼は単にセンスがあるだけではない
苦しみもがき、人やりならず勉強し、あらゆる批判も吸収して成長してきた


フランシス・フォード・コッポラは言った
「アイデアや人物像やセリフを私たちから盗んでほしい
誰かがあなたから盗む日まで」
mai

maiの感想・評価

4.0
若き天才と呼ばれた彼の苦労や映像裏話 芸術への情熱が分かり更に好きになった。

音楽から作品を考えたり、雑誌の切り抜きからファッションのヒントを得たり、彼の頭脳や才能の全てに引き込まれる。

ドランはウォン・カーウァイ映画、特に花様年華に影響を受けたなんて嬉しい。
トマト

トマトの感想・評価

4.0
成長途上であることを認めつつも[ドキュメント作品]ができていること自体が、グザヴィエ・ドランの才能を物語り、可能性を指し示しているかのよう。

19才でカミングアウトしてから『マイ・マザー』を皮切りに、一貫してマージナルな立場の人々を描いてきたドラン。
「その時、僕が、心から求めた映画を作ってきた」と語るドラン。
ああ。
人と違っていると疎外される、偏見、風当たりの強さなどを実感してきたドランだからこそ描けた世界なのか。

ドランの映画からは、少なからずのインパクトを受けたし、心の中にも残っている。その理由の1つが分かった気がした。

※『トム・アット・ザ・ファーム』の日本公開の時に、ドランがふくらはぎに彫っている「作品は汗である」というタトゥーについて聞いたことがある。
「僕にとって[アートとは努力の賜物]なんだ」と言っていたのを思い出した。

ドランはやはり、単なる天才ではない。
AKIKO

AKIKOの感想・評価

4.0
グザヴィエドラン監督。私はドラン監督の映画が苦手だと思ってます。(過去のレビューを見ていただけるとおわかりだと思うんですが)

けど、俳優としてのドランさん
がすごく好きで。(エレファントソングすごく好きだった)

逆にそれってなんでだろう?って思い、見てみました。本当にドランが作る映画が苦手なのか?自分に問いかけるために見てみました

結果、私は早口で捲し立てるように話すドラン好きだなってことだった( 笑 )画面比率とか、気をてらうためにやってるんじゃなくて本当に映画としての効果のためにやってることなんだなーってちょっと疑ってた自分を恥じました( 笑 )
ごめんなさい、ドランさん。

あと、フランス語か苦手なのもあるのでだいぶん贔屓目で見てました、すみません、ドランさん。
あなたのこと好きです。フランス語が苦手なんですよね…はあ……
エレファントソング見るかなあ~
k

kの感想・評価

3.7
映画製作のこだわりがたくさん見れた。
自分の信念を貫くっていうより
指摘を受け入れてすぐに修正する
っていうのが意外だった。
ミサヲ

ミサヲの感想・評価

3.7
良いと思った指摘はすぐに受け入れるのが凄いと思った、天才だと言われまくっているけど思っていたより、足がついて居るっていうか何だ?ハイ天才です!みたいなのではなく周りの言葉にも耳を傾けるし、何より映画を作らないで居られないというのがすごく伝わって来た。
ロランス、音楽を聴いて予告のイメージが湧いて、本編の映像が出来たという話を聞いてああ、だからあんなに音楽と一体化した気持ちの良い映像になったんだ、って思った。
タイタニックは完璧だと言っていた、小学生の時に一度見たきりだから、改めて観たくなった。
マイマザーを撮った後、一年も待ったら映画を作れなくなるって言っていたの印象的だった。これからも追っていこう、まだ観れていない作品も観よう。
>|