グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブルの作品情報・感想・評価・動画配信

「グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル」に投稿された感想・評価

ドランが指揮を執った作品も、演じた作品も改めて好きだと思った
八瀬

八瀬の感想・評価

3.8
監督の映画作りについて。なるほど、と思うことがたくさんあって、見て良かった。あのセンスの良さはこういう風にして出来上がるのか。
これを見てから作品を見るとより理解度が高まる。いきいきした瞳と言葉で語る姿がとても印象的だった。恐ろしい才能とセンス。
Ima

Imaの感想・評価

4.2
スターで味方。自分を表現せずにいられない情動、情熱、愛情。過程にかける想いが素晴らしいと思う。客観的に見ながらも自分勝手に作品に取り組む姿勢を尊敬する。勢いに頼りきらないところも。大体の質問の答えは極端に言えば分からないだと思っていて、それでもその瞬間に自分が感じたことが答えで、答えは日々変わっていくもので矛盾ばかりの人生だと思った
chino

chinoの感想・評価

4.0
持って生まれた才能と
日々の努力が人並み以上

今後も楽しみなドラン
「でも彼は諦めなかった。」

ただ努力するだけでなく、熱量を持って取り組んでいる人には何事も敵わないね。それとセンスも。もう一度全作品見直したい。
mar6

mar6の感想・評価

3.7
こういうロジカルな話好きすぎて一生聴いてたい。
本人の人生がまさに映画みたいなところも含めて、映画のために生まれてきた方なんだなと思う。これからどんどんドラン作品観ていきたい
YY

YYの感想・評価

4.1
グザヴィエ・ドラン作品を全て観ることができているわけではないが、彼の作品に感じる熱量やメッセージには彼自身が突き動かしているものと、周りの人たちが彼に突き動かされ、共鳴したことで生まれていることがよく分かったドキュメンタリーだった。

エンタメとして笑いを取ることも大事だが、送り手としてしっかりと受け手に伝え、考えさせることを忘れないという考えが好きでこの人の作品を観るんだと改めて感じた。

ファッション誌を漁って、ルックブックを作ってイメージを共有している話は唸った。創造を解放するには準備が肝心だよな。
elliee

ellieeの感想・評価

3.0
ドラン監督についてのドキュメンタリー。
これを観ると今までの作品が監督自身の投影だとわかる。言葉が早くて多いのも、情熱的なのも本人そのものだと。
ドラン監督映画はドランなしでは語れないのはそのせいだと腹落ちした。
私は映画って観るぞーって覚悟して観ないと観れない種類の映画があると思っていて、ドラン映画はそれ。溢れる勢いがありすぎて受け止められる時じゃないと観れない類いの映画。
まゆ

まゆの感想・評価

5.0
ドランってこんなに明るくてたのしそうに話す人だったんだ〜!ずっと追いかけたいです
kty

ktyの感想・評価

4.0
グザヴィエ・ドランまつり4
52分のドキュメンタリー

19歳で監督、脚本、主演で長編デビュー作がカンヌ映画祭で話題作となった本人の思考に触れる。

コクトーの言葉の刺青を入れている「バウンド・トゥ・インポッシブル(不可能に挑み続けて)」この字幕どう聞いても英語ではないフランス語。違和感しかない。

原題はA l'impossible je suis tenu ジャン・コクトーのオルフェの引用句。
直訳すると、「不可能は、私に義務付けられている。」フランス語にお詳しい方間違ってたら訂正してください。

映画の学校に通わないで制作する能力を養う方法は、映画評論家の叔母から見せられた映画のすべてのショットを吸収したというから驚きだ。つまりショットを言語化できる能力が優れていると解釈できる。

言語化したショットの情報を作品に転用する行動力は正に刺青の引用句の実行だ。
実行力の引き金は「衝動」。

映画の本一冊読むくらい面白いドキュメンタリー。😊U-NEXTは7月末まで。
>|

あなたにおすすめの記事