AK

ジョン・ウィック:パラベラムのAKのレビュー・感想・評価

3.0
ジョン・ウィックシリーズ新作ということで鑑賞。

冒頭、ニューヨークの街並みを駆け抜けるキアヌにテンション上がる。2の本当の本当に直後から!

世界各国の殺し屋(中国、イタリアとかロシアとか?)が次々と襲ってくる 。
序盤はアクションのいろんな可能性を模索している&チャレンジしてるんだなあと、興味深く観てました。
銃だけじゃなく、本やナイフや馬まで駆使して戦います。颯爽と馬に乗るキアヌ最高。

女性バディと戦うところが一番面白かった。ワンちゃんと戦うのカッコよくてアガる。

そして突然のきゃりーぱみゅぱみゅとninja。(いつも思うのですが、なぜ日本人使わないのでしょう)
素手には素手で戦う優しいジョン・ウィックさん。最後の方はアクションお腹いっぱい状態でした。

終わり方は、ああ〜そっちの展開いっちゃうかあ…という感じ。
ジョン・ウィックには些細な理由で怒ってガンフーで無双していてほしいなと思いました。