ぽこつる

娼年のぽこつるのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.4
急すぎて色々はっきりしないところもあるけど。
隠し秘めているその人にしかない欲望は、弱いところや情けない傷に、根源が息づいている。

それに応えることで、自分の自由をも満たされていく。
そして母に言われた最後の言葉を守りながら、それをどこか人に重ねながら、生きていくことでまた、満たされていく。

娼夫として働くことでどこまで自分が変わっていけるのか、どう生きていけるのか。
それを知りたいし、探したい。
それが核なのかな。