higa

娼年のhigaのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
5.0
松坂桃李という俳優が近年凄い。『彼女のその名を知らない鳥たち』や『孤狼の血』といった年齢制限のかかった作品に多く出演し、まるでレオナルド・ディカプリオのように非常に個性的な役を多く演じている。

『娼年』は、その中でも最高峰に位置づけされてもよい映画であるだろう。

アバンタイトルが、いきなり彼のお尻のアップだ(この時点でいろいろな人達が大喜びしそう)彼女と思われる女性とセックスをしているのだが、どこか退屈そうである。主人公の遼は、大学生でバーでアルバイトをしているが、毎日何か退屈そうである。女性にもほんとの事を言うとあまり興味なさそうである。ところが、売春宿を経営している女性、静香に出会った事で彼の人生は大きく変わっていく・・・。

この映画は、娼夫となった主人公の目を通して、性の歓びについて描かれている(あくまでも男性側の視点から)遼が相手をする女性は様々でいろいろな性癖をもっている。中にはセックス以外の行為で快楽を得る女性だって登場する。その女性達の登場の仕方も面白い。まるで、TVゲームでステージ毎に登場するボスと相手をしているかのようである。そのボスたちをいかにして遼は”倒していく”のかが、ポイントだ。だから、その”倒し方”を観ていると、どの観客も興奮はしないと思う。むしろ、無理だ。性表現がまるでAVではない。映画の表現技法を習っているかのような感覚で、「こういう風に描くのか」と不思議と勉強をしているかのようであった。恐らく、自分だけの感覚であるとは思うが(笑)

こうして、遼は成長していき、娼夫という仕事に誇りをもっていく。松坂桃李の演技があまりにも体当たり過ぎて怖さもあった。もう、カメラがある事を忘れているほどではないのかと思うほどである。激しい性表現で有名な『ラスト・タンゴ・イン・パリ』や『愛のコリーダ』といった名作よりもこの映画の性表現を上回っていると思う。近年は、どの業界においても「臭いものには蓋」といった風習が高まってきているが、そんな世の中ににまるで逆らっているかのようにこれでもかというくらいである。多分、原作の石田衣良、監督の三浦大輔と主演の松坂桃李が世間の批判をこの映画で訴えているかのようでもある。もっともっと、こういう映画を観たいと思った。

映画を観終わった後、思った。

「俺って、本当に映画がすきなんだな」