ピーナッツ

娼年のピーナッツのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
3.0
ことばを選ぶのは難しいけれど、意味のある映画、だと思った。

真面目にレビューを書くと…castの方々が、真剣に頑張っているのが伝わってきた。色んな描写があり色んな意味で工夫されている。作品を通しては、母の愛みたいな、人間の欲みたいな、不調和を感じた。

ただ、性欲は人生の中心に置くものでなく、彩りにしておけばいい。そして偏見やある種の片寄った性質は、誰しも持っているだろうが、改めて映像で観るとなると観てはいけない気がした。それもみてみて(痛々しい描写だけはとばしました)、表面に出しているかそうじゃないかだけ。松坂桃李演じる領は、見下さずにいる人。

少なくとも自分にとっては、難しい表現なので、誰にでも薦められる作品ではないと思う。