かずま

オーバーボードのかずまのレビュー・感想・評価

オーバーボード(2018年製作の映画)
3.8
日曜映画にピッタリ🎞

期待値さえ間違えなければ、心をホカホカにして眠りにつける王道ロマコメ映画。

超が付くボンボンのレオナルド。
ケイトのおっしゃる通り、金持ちの息子でなければ"空っぽ"に見える彼。

育ちの描写もなければ、彼のアイデンティティを捉える過去のストーリーも無いので、正直記憶喪失からの変貌ぶり、恐るべし家事の潜在能力は滅茶滅茶だが、そこは重要ではなく。


愛がウソも金も超える。
キレイゴトを並べられる映画の特権を存分に使い切ってる。

そして実際の世界では他人の人生を生きる事は出来ないが、"推し量る"ことの尊さを教えてくれる。
コレは個人的に、最も大事で最も難しいことだと思う。

周囲の人達にとってのその人の価値は、きっとそこに宿る。

文字通りの2度のOverboardと、一度人生という名の自身の船の外に出てみる意味でのOverboard🛥
どこかアメリカンだけじゃなくヨーロピアン?インディアン?を感じたコメディの海原。

ステキな冗談の言える父親になりたいものです👨