誠治

未来のミライの誠治のレビュー・感想・評価

未来のミライ(2018年製作の映画)
3.0
本当にこの監督は、毎度、自分の成長を作品に投影させており前回は父親になった自分の姿を見せてもらったが、今回は少し俯瞰して子供の視線から家族を見つめているようだ。
しかし、当方が未婚で子供がいない身としては主役のギャーギャー喚く様子はあまり見ていて心地いいものではなかった。
麻生久美子のお母さん(鬼婆?)がよかったな~。
時間の旅で、お母さんの幼少時代、散らかしながらやる様々な事が楽しいと親子。細野監督作品でなければ道徳的にどうのこうのと口煩い連中がいいそうだが…
ミライちゃんのコチョコチョ攻撃に「もう一回」て、その気持ち分かるぞ!
自転車の補助輪を外すエピソードは、実父との思い出もあり感慨深い。
ところで「好きくない」って昔の流行語だっけ?

余談
何故かこの日、そう言えば次のエヴァっていつなのかなとぼんやり考えてたらまさかの予告編!
予知能力があんのかな、俺。