kendoboy

人魚の眠る家のkendoboyのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
3.9
試写会にて。
脳死という重いテーマであるのにも関わらず、目まぐるしく変わる展開に引き込まれる。
物語終盤の怒濤の展開では、篠原涼子と西島秀俊の演技力すごいです。見応え大有り。
ミステリーでありながら現代社会の問題点に切り込む東野圭吾、そして見事に映像化する堤監督、すごいです。
見て損はないです~