バヤシ

人魚の眠る家のバヤシのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
4.2
原作は未読。
ミステリーでは無い東野圭吾だった。

(今は出来ないのかもしれないけれど)出来そうだよなって技術でそれらしく話作るの上手いよなーと思う。

孫が脳死になったのは自分のせいだと思っている祖母役の松坂慶子がちょいちょい泣かせに来るから困った。

最後の2択は実際にどういう判定されるのか気になった。