あやの

万引き家族のあやののレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
4.3
試写会にて。

観ている間、ずっとこの時間が続いてほしいと思えるくらい、家族のやりとりが面白くて自然。そして優しい。
最後の方で今までの空気が壊れて話が展開するけど、この全体をもう一度味わいたいから、個人的に重い部分があるものにしては珍しくもう一度観たい。

世間公にいえない隠し事があっても、締め付けられる感覚があっても、家族のやりとりには楽しい幸せな気分にもなれた。

印象的な場面が何個もあった。
親と子供は普通選べない、とか選ばれた、って表現が残った。スイミーも。
あと最終的に守らないといけないのは自分だけど、でもここの人物は一応他も守ろうとしていて。

全体からバラバラになってしまった家族をみて、他の家族でクソみたいな扱いをする奴って何なんだよ、ってやるせなさと怒りしか出てこなかった。

慈愛に満ちた安藤サクラがすごく良かったしキレイだった。松岡茉優もよかった。息子役の子は瞳の力がすごく強くて印象に残る。