万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.1

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

watarikru

watarikruの感想・評価

4.0
是枝集大成
贖罪での彼女もそうだけれど、母性的な役柄の安藤サクラはよいよね。
son

sonの感想・評価

4.5
絆で繋がってるのか、傷として残っているのか。一生のなかのほんの少しの出来事は、忘れ去られてしまうだろうけど、教えて貰った気持ちや家族については一生呪縛のように消えないんだろうな。良い意味でね。
まあ、生きてさえいればまた会えるよ。
サヤカ

サヤカの感想・評価

4.0
全員の演技がすごい。
特に安藤サクラがすごい!!!
どの役も一人一人にしかできない役柄で
ぜんぶがリアルで頭の中に残る映画。
綺麗なところも汚いところも全てある
ありのままの姿ってこんな感じ。

『是枝監督だから...』っていう
役者の言葉を安藤サクラと
樹木希林の対談?の内容を
観終わってネットでみて納得。

捉え方は人それぞれってことか。
なるほどなぁ、って。
iamrika

iamrikaの感想・評価

5.0
よくでき、よく染み、よく表現された映画🎬
ノンフィクションかと思ってしまうくらい後半引き込まれた…
幼い頃に感じてたことがシンクロしたり、現代に対する疑問と戦ったり、見ながら色んな感情が湧いてきて忙しかった🤯
樹木希林、老けたなぁ。時が経つのは早いね。
当たり前の生活に、毎日に、感謝しようと思います。📚
YuyA

YuyAの感想・評価

3.7
家族という社会の単位に関して考えさせられた。
家族ってなんだろう、、、そもそも定義は?みたいな。

子は親を選べない、、、逆もまた然りだけれど、選んでできた"家族"はそうでないのより絆が深くなるってほんとそうだなーって感じた。
clementine

clementineの感想・評価

4.0
光と影、この二面性が描かれていたのではないだろうか
ただし「物事にはどちらの面もある」ということより
「影があるから光も濃くなる」ことを実感したかもしれない
つまり、私にはボロい一軒家で暮らす彼らの絆は、
希薄になってきたと一般的に言われている現代社会の絆に比べ強固な気がしたのだ
その絆が織りなす日々のやり取りがとても尊く感じられた

しかし、そこに「社会規範」という壁が立ちはだかる
刑事はマスの代弁者であり、劇中では「正論を声高々に突き付けてくる連中」を表した存在であったが
やり方はともかくとして、正論は正論であり、社会規範でもあるのだ

家族の間には確かに幸せ(若しくは幸せのようなもの)があり、それはあの関係性であるからこそあそこまでの強さを帯びた
それを社会規範に反しているからと言ってどこまで否定していいものなのか、と考えてしまう

考えてみると、我々が紡ぐどのような間柄にも、影とも負ともいえる側面がある
利害と言ってしまってもいいのかもしれないが、「寂しいから」「暇だから」「楽だから」なんていう
心の片隅にあるごくありふれたものを飛躍させたものが彼ら家族の形だったのではないのだろうか
種はどこにでも潜んでいる

おそらく、影が深まれば深まるほど光もまた強く表れるのだろう
しかし陽の光ではそのような濃い影は出ることはなく、強力なライトが当たっているのかもしれない
深い影、眩い光には目がくらむが反動もまた大きい
自分自身の人との付き合い方を見直すと、光と影、善と悪、正しさと誤りではなく、
健全・不健全ということを一つの指標にしたらいいのかもしれないな、と思った

映画から大きく逸れてしまいましたが、色々考えるきっかけを与えてくれる良い映画でした!
れん

れんの感想・評価

4.9
血縁の枠を超えた家族。
とってもいい映画でした。
自分的には松岡茉優ちゃんと安藤サクラさんの2人の演技。

松岡茉優ちゃんは体を張ったあの演技はすごいと思ったけど少しやりすぎ。
少し過激だなと見ていて感じました。

安藤サクラさんは接見のシーンがやはり是枝監督のあの光の使い方。
彼女が話すに連れて顔の影がどんどん明るくなってきてこの一連の騒動がどんどん判明していくところがとても感じられた。

やはり是枝ブランドは本当にすごい。
海街、そして父になる、3度目、そして万引き家族。
どれも家族を様々な形で描いている。

私は本当に是枝作品が好きだなと感じる映画でした。
kao

kaoの感想・評価

3.9
なぜそんなに他人を思うことが出来るのか、自分が助けてもらえたから?
それって大きいことじゃなくても少なからず日常でもあることで。

正しさって全然正しくないし、
正義とかどうでもよくなってくる。
でも真実だけは探してしまう。
家族、貧困、世間と、複数の題材を見事にまとめて作り出された奥行き。
カメラが印象的で、ゆりと翔太がスーパーで万引きする場面の外の光にハッとさせられた。

あとはカップ麺は万引きするのに、出来立てのコロッケはちゃんとお金出して買うところも印象に残ったな〜あのラーメンコロッケがどうしても食べたくなってお家でやった。色々染みた

この映画で1番すきなところは綺麗事がない所だ
安藤サクラさん素敵。からだも好きだなぁ。
誰かに肩入れしてその視点から楽しむ映画なのかな??
フランスで賞を取ったからそう思うんだろうけど、フランス映画っぽいテンションに感じちゃう。
>|