万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

安藤サクラさんの取り調べの時の表情、表現すごい!映画見てるんやんな?って思うくらい現実を目の前で見てるみたいに、リアル!大袈裟やろとかそこまでなんでこの人は泣くんやろとか思わせへんリアルさ!いくつか心情がある中で、心情をひとつずつ(心情をコマ送りしたみたいな?)表現した演技じゃなくて、いくつかある心情が共存して表現されてるのがすごい!!

子役の城絵史くんの端正な顔!これからの活躍が楽しみ!
らん麻

らん麻の感想・評価

4.6
初めての一人映画で観た。
安藤サクラが取り調べ室で泣いた時、一緒に泣いた。観終わったあとに社会に対してか、何かに対して怒りながら、天神の映画館から家まで歩いて帰ったのを覚えている。
りお

りおの感想・評価

2.5
「誰も知らない」「そして父になる」などでカンヌ関連の受賞監督として有名な是枝監督がついにパルムドールを受賞した作品として公開前から話題の本作。
公開から一ヶ月間様子見した後、ようやく観に行きました。
先にあげた二作品でも顕著だが、是枝監督の描く家族像は、なぜこんなにも毎回こじらせているのか。
大きく分けるとごく普通の分類に入る平凡な家庭に育った私にはフィクションが過ぎて毎回ファンタジーを観てる気分になる。
老親の年金をあてにその日暮らしを続ける貧乏家族がある日虐待されていた他人の子どもを保護。
一夜明け、両親のもとへ帰すつもりが情が沸いてしまい、自分達の家族として育てることに。
生活のためと日常的に繰り返していた万引き行為をその子にも教えようとする父親に抵抗を感じる息子。
やがて世間が誘拐事件として虐待されていた子どもの捜索を開始、思わぬ出来事がきっかけで家族は窮地に立たされる・・・
本作も是枝作品ではお馴染みの樹木希林の存在感が涙を誘う。
何を演じても樹木希林だけど、それがたまらなくいい。
個人的に好きな安藤サクラと松岡茉優ちゃんの体当たり演技もよかった。
父親役のリリー・フランキーも含め子役をのぞく家族全員が主役をはれる豪華なメンバー。
結末までのストーリー展開は是枝作品らしく驚きをともなわないものではあったが、終わり方に締まりがない感じもまた是枝作品。
カンヌ系の作品は正直苦手なのですが、是枝作品はギリギリ楽しめるライン。
本作もあまり好きにはなれなかったけどね!
パルムドール受賞、おめでとうございました。
シヲリ

シヲリの感想・評価

4.6
だいぶ前に見たけれど時間ができたから今更レビュー。

是枝作品は今まで結構見たけれど、登場人物それぞれの思いが残すところなく描かれていて、集大成という感じがした。
かなり闇深い話だけど、是枝監督の時点で切り取ると美しい家族の話になるから不思議だ。
やっぱり安藤サクラ好き。
KzBourree

KzBourreeの感想・評価

3.6
貧富の差の大きい現代を風刺しているのか。あまりに現実味がないのは自分の思い上がりか?
朝ドラの福ちゃんを見ているのでイメージの違いに唖然。
会話の内容なんかカンヌでどう訳されたのか?日本語で思わずニヤリとする場面もあるけど伝わったのかな。
はるか

はるかの感想・評価

4.4
家族のつながりとは。
闇をもちながらも心で繋がる家族。住んでいる理由が分かるうちに切ない気持ちになりました。まさに、夜空の中、ひとつの光がうち上がっていき、しぼんでいく花火みたいでした。
映画が終わったあとの余韻がとても長いです。あのあとどうなったんだろう、あのシーンはこういう意味だったんじゃないかな、とか考えさせられました。
chun1714

chun1714の感想・評価

3.8
是枝監督作品は少ししか観たことがありませんが、評価されている理由はなんとなく分かりました。社会問題とエンターテイメントを、見事融合させていたと思います。子役演出も感嘆です。もちろん、本人の力量もおおきいのでしょうが。
しかし映画のテーマがだけに、観といてなんですがこれが大ヒット上映中!っていうのもなと、複雑な感情を抱きました。
やぎま

やぎまの感想・評価

3.5
2018年11月11日
飛行機で鑑賞。

作品の世界観は大好き。
是枝監督が好みそうな、関係性の映画だと思う。

とにかく配役が素晴らしく、
特に子役2人の存在感が凄い。

もう少し登場人物の行く末が見たかったので、消化不良だったかな。
nao

naoの感想・評価

4.0
様々な家族の形があるが家族は選ぶことが出来ない。"何か”で繋がっていればそれは家族ではないのか?
血がつながった家族よりも血がつながっていない家族が本人の居場所、かたや有るべき居場所ではない、家族の在り方とは、、、
賞をとったから観たというのが正直なきっかけです。是枝裕和作品を観てきた訳では無いので、純粋な気持ちで臨みました。スカッとする終わり方ではもちろんありませんでしたが、少し納得のいかないところが見受けられました。ただ、役者陣の演技は非常に感度しました。特に安藤サクラの事情聴取されるシーンは少し涙ぐんでしまいました。そこで少し点が上がったと思います。
>|