万引き家族の作品情報・感想・評価

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

この映画の原題をリリーさんに聞いたら泣きそうになった。女優さんは全員すべてすっぴんだったそうだ。すごい、、、役者は。
love1109

love1109の感想・評価

4.8
必死だった。超一流の俳優たちの、一つひとつの台詞、一つひとつの表情、一つひとつの仕草に、心がぐちゃぐちゃにかき乱され、物語についていくことに、ただただ必死だった。その根底にある「怒り」。それでいて、喜びも、哀しみも、楽しさも、喜怒哀楽のすべてが描かれ、力強く(容赦なく)伝わってきた。人間の強さと弱さ、美しさと醜さも。「誰も知らない」でカンヌに見いだされ、この「万引き家族」でパルムドールを獲った。「子供を撮る」という点において、是枝監督は、世界の映画史に名を刻む天才だと思う。本日、試写会にて。6月8日公開です。
とんでもない傑作。
心が苦しいのに、温まって観終わった後またすぐに観たくなった。
Sho1004

Sho1004の感想・評価

4.2
例えば、駆け落ち。
彼らは許されぬ恋を実らせるために逃げまわる。
誰から?それは親や現在の二人をとりまく環境から。しかしそれはあくまでも物理的に、の話である。
実際は何から逃げなければならないのか。

彼らが本当に戦う相手は“法律”なのだ。

この国の一国民として生きている限り、我々は法によって守られ、法によって裁かれる。駆け落ちする二人の間にどれだけ愛があっても、法の前では無力で、“誘拐”へと名前を変えてしまう。

それは家族という集合体だとしても同じ。法によって形を定められ、そこを逸脱する集合体は家族として認められない。
たとえ個と個がどれだけ愛し合っていても。

この映画で描かれる家族は歪みきった愛を共有している。共有された愛は結びつきを強くする。しかし、この家族には致命的に秩序が欠落していた。

誰のものでもない個人が集まり、誰のものでもない商品を万引きして生計を立てる。
これは残念ながら幻想だ。

人にも商品にも所有者が存在する。
そこを愛の力だけで乗り切るには、今のこの国で駆け落ちを成功させるほど難しい。

愛には色々な形があって然るべきだが、その愛が本当にその人を幸せにするかは、誰にもわからない。
ZAIUS

ZAIUSの感想・評価

5.0
まずはカンヌがどうとかは置いといて、これはすごい!

是枝監督の演技演出のうまさが光っている。
リリーさんもいつのまにか名俳優になっている。日本のベストな俳優が集結して、今最も凄い日本の監督が撮った名作。

是枝監督が何度も描いている血の繋がり、親子って何かというテーマ。徐々に明らかになっていく登場人物の関係。どうやってこの話は終わるんだろうと思いながら観てたけど、最後に大泣きしちゃった。

納得のパルムドールは「パルプ・フィクション」以来。
ぴ

ぴの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

幸せの形は人それぞれ。一般的な幸せを手に入れられなかった人は、また違った形の幸せを求める、それがたとえ違法だと知っていても。しかし、それは真実の幸せと言えるのか?答えは無垢な子どもだけが知ってたのかもしれない。
ただ、どこか救いどころがあって欲しかった。りんは最後どうなってしまうのか。。。
TS

TSの感想・評価

4.6
人間本来の幸せって何か
自分の居場所ってどこなのか
多くの問いかけがこの映画から
アンビバレントに押し寄せてくる
 
自分の生活と向き合い
社会全体を見渡すと
自分の知らない幸せ
楽しさがまだまだ多く
満ち溢れている可能性を感じた
 
血縁のボーダーをとっぱらい
まさに、カンヌから世界へ発信され
言葉ではない世界に通じる
最高の作品でした

一足先に鑑賞できて
本当に感謝します
また色々にと編集予定。

まだ未鑑賞であります。万引き家族

6月8日 金曜日より

2018年 5月19日〜20日

ロイヤルファミリー👨‍👨‍👧‍👦👨‍👨‍👧‍👦👨‍👨‍👧‍👦に、うつつを抜かし・奪われ・捕らわれ(捉われ)・幽閉がされたが為に、「万引き家族」のパルムドール賞 (受賞)と報道を見た際に...... 何だか ふ〜〜〜〜ん アッッッそうなんだ〜〜〜〜で終わっちゃいましたw ロイヤルファミリーの方が...... 是枝裕和監督様 申し訳ありませんm(._.)m m(_ _)m 全館100以上で公開予定!!!!! ムビチケが何だか可愛いらしい「万引き家族」★★★ムビチケ買うかも...... 恐らくは皆様方々よりよりもあと咲あと咲をするかも.......あと咲でスゴイとなるとは思う.......

ロイヤルファミリーに偏りに偏り隔たりちゃってそれカツ6月に左上のサムネ(アイコンを変えようかな????と、思ってたりwww 他の事を考えてたりとしてたが為、「((冷淡))」な思い想いに陥っちゃいました万引き家族 是枝裕和監督 パルムドール受賞 片山萌美 リリー・フランキーさん 高良健吾 樹木希林などなど出演。 GAGA!!!!!!

2018年 (平成30年) 5月21日 月曜日付け
『万引き家族』を観た。観るまでは、珍しく今回はコメディなのかなと思っていたのだが、これは「家族」をモチーフに「擬似家族」の可能性を探ってきた是枝裕和監督の集大成的な作品。その中で日本社会が抱えるさまざまな問題を浮き彫りとする脚本の見事さ。頭が下がる。
しー

しーの感想・評価

-
カンヌのパルムドールですって!
びっくり‼︎
早く見たいなぁ。
>|