万引き家族の作品情報・感想・評価・動画配信

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「万引き家族」に投稿された感想・評価

ゆゆゆ

ゆゆゆの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

本当に血の繋がりのある家族より絆が強く、個々人が家族に対する想いの強い映画。最後息子のせいで警察に捕まってしまうのだが、それも責めるわけでもなく、これまでの感謝を伝えているところに感動した。また俳優さん・女優さんの演技が上手で最後まで見応えのある素敵な映画でした。
群盲象を評すとはこのことか。どこに視点を置くかで、事実の捉え方はかわる。幸せとは何か、永遠のテーマ。
ycagwyw

ycagwywの感想・評価

4.0
中盤のエロい場面が巧すぎ。そして次の場面がああいう展開。ほんと演出が正しい。

このレビューはネタバレを含みます

社会問題を扱った映画が好きだと自覚したこの頃。

どこか遠くで起きている事じゃない。
何かしなきゃと思い立つも、自分の無力さに愕然とした。
テレビで報道されるニュースを見ても、表面しか受け取れない。法律で裁けば、「常識」で考えれば、悪は悪でしかない。
どうか裏側を汲み取れますように。

さて、映画のお話。
セリフの一つ一つの浸透圧が他の映画に比べて高い気がする。それは是枝監督の手腕によるものか。役者さんの底力か。はたまたそのどちらもか。
初枝の「あなたよく見ると美人ねぇ」とか信代の「なんだろうね」、祥太の「学校 は家で勉強出来ないやつが行くところだ」がベスト3かなぁ。選びきれない。
きっと祥太は元々間違いを察知していて、成長に伴い正そうとした。それにより家族を壊してしまうけれど、走り行くバスから振り返って、無声でも「父ちゃん」と呼んだことに家族とはなにかのヒントが隠されてるのかなと。
圧巻の演技力をもつ役者陣。それに負けない子役たちもすごい。個人的には高良健吾と池脇千鶴のタッグが見れて良かった。
東○圭吾作品のような、随所にある綿密に組まれた謎や違和感が、最後に解けていくのが鳥肌もの。

カップ麺とコロッケ。
一成

一成の感想・評価

3.4
血の繋がりがないけど家族。
血縁関係が全くない人が一つの家に住む。
それぞれ抱える問題や事実を隠して。
家族って一体なんだろうと少し疑問に思いました。
万引きで繋がって万引きで崩れて行く。
最後は好ましくない終わり方でした。
そして中々に非常に難しい作品でした。
やす

やすの感想・評価

4.0
ディテールが凄すぎてこんな体験したことないし見たこともないけど現実感がとてもあった

邦画は演技過剰でげんなりすることが多いけど、役者の良さ、本筋に影響しない細かなやりとり、カメラワーク等全てがリアリティに寄与している感じがした

しょうたは最後まで呼ばなかったけど、実際には家族といえる関係性だったと思うし、彼も今後それを理解するような気がする
ぴー

ぴーの感想・評価

3.0
良かった。樹木希林さんが出るたび泣きそうになった。おねしょは塩を舐めて寝れば治るという台詞、不思議な説得力があったので覚えてしまった。
のん

のんの感想・評価

4.0
血が繋がってるだけが家族なのか。
家族ってなんなんだろうって考えさせられる映画だった。
虐待されている女の子を拾ったことから、少しずつカゾクの本当の姿が現れてくる。

誰かが誰かを守る度に、形が崩れていくところに愛とはかなさを感じた。

血が繋がってなくても、幸せなカゾクだったらいいんじゃないか?
血の繋がりより大切な家族の証明があるんじゃないかなと思った。

是枝監督のヒューマンドラマは、なんだかすっきりしないけど、みた後にじわっとくるところがすき。
tsuroh

tsurohの感想・評価

3.5
ストーリーの展開に淀みがなく滑らかに進んでて見てて飽きることはなく、次の展開が気になった内容がいっぱい詰まっていた
あ

あの感想・評価

4.0
演技力。特に安藤サクラ。あんまり深く描きすぎないところがいいのかな、もう少し踏み込んだところが見たいとも思うんだけど。
>|