もりもと

万引き家族のもりもとのレビュー・感想・評価

万引き家族(2018年製作の映画)
3.9
是枝監督の作品は『三度目の殺人』以来。
今作のほうが圧倒的に良かった。

逆に不自然なほど自然な演技。
それに加えて、撮影者の存在感も無いのはカメラマンの腕なのだろうか?
演技とカメラワークの両方がすごいからこそ成り立ってると感じた。

警察の人の人間像の薄っぺらさだけが気になった。


演出はすごいけど、テーマへの興味がわかなかった。
是枝監督はドキュメンタリー的視点で、弱い人たちや社会の問題を描く。
でも、その世界が、自分の世界とは切り離されているように見えてしまう演出になっている気がする。

作品内に自分に近い立場の人が出てこないからかな?


家族で、見えない花火を見上げるカットがとても良かったです。