mmio

旅するダンボールのmmioのレビュー・感想・評価

旅するダンボール(2018年製作の映画)
4.2

「ダンボールはあたたかい。」

by島津冬樹

不意にFilmarks で目に留まった
ほんわかドキュメンタリー作品。

世田谷ものづくり学校で公開前一足お先に鑑賞してきました。

幼い頃にダンボールで
ガチャガチャボックスを作ったり、
ビリヤード台、他にも色々
あと高校の文化祭では駄菓子屋の懐かしさ演出のために、ダンボールで赤ポスト、電柱、古い看板を作った。

わたしにとってダンボールは、
工作の材料というイメージ。
だから、そこにデザインされた
文字やイラストは全然目に入っていなかったと思う。

前置きが長くなったけど、、、
島津さんは、ダンボールのデザインや、
使い古されて味の出ているものに
魅力を感じて、集めている。
ダンボールに生命感じていたり笑
自分を持ってるから、周りに愛されてる人なんだろうなって思いました!
もうダンボールがゴミになんか見えなくなる笑どうしよう笑

ダンボール愛のかたまりで、
人間味もあたたかい人で、
その人のドキュメンタリーを
見た後に、本人の話を聞けるという
最高の環境で鑑賞できて良かったです!
プロディーサーさんや監督さんも
撮影裏話をたくさん聞けて、あたたかさ伝わりました✨

アップサイクルという考え方も素敵。
わたしもダンボールで名刺入れ作ろうかな。笑