K

あの日のオルガンのKのレビュー・感想・評価

あの日のオルガン(2019年製作の映画)
3.8
1944年、東京から埼玉に疎開した保育園と、そこで奮闘した保母さんたちの実話を描いた戦争映画。

疎開できる人は限られめいた中で子供達を守る使命と責任を全うした保母さんたちの強さにグッときた。

疎開する村を探し、村の人たちに協力を得るところから問題だらけ。疎開できても大勢の子供たちのお世話は大変で問題だらけ。自分だったら絶対心折れていたはずです。

保母さんたちだって人間ですし、東京には家族がいるわけですし。自分が一番泣きたい時に凛と強く戦い抜いた彼女たちに頭が上がらない思いになりました。

10万人が亡くなった1945年の東京大空襲を逃れて救われた命。それだけで、間違いじゃなかったと言えると思う。