ダイラ

アースクエイクバードのダイラのレビュー・感想・評価

アースクエイクバード(2019年製作の映画)
2.0
東京国際映画祭で鑑賞。

日本人が観て違和感がない、とはとても言えない作品、かなり違和感を覚えた。

例えば、楽器のお稽古のシーン。
大半の日本人はこんなことしないし、和服も着ない。
和服の人をわざわざ登場させるあたりがステレオタイプだと言わざるをえない。

これらは外国人に都合のいい日本人像であり、まだまだ偏見はなくならないのだなと感じた。