ゆっけ

アラジンのゆっけのレビュー・感想・評価

アラジン(2019年製作の映画)
4.5
『シンデレラ』や『美女と野獣』も好きだったのですが、それを超える面白さ。めっちゃ良かった。

冒頭の軽やかなアクションやミュージカルの楽しさ。コメディとしての面白さ、魔法のきらびやかさや、キレッキレのダンスのかっこよさや、ジャスミン役のナオミ・スコットも美しすぎるし、ジーニーを演じたウィル・スミスは100点満点を超える適役で、登場の「Friend Like Me」は心踊るし、さらに友情、恋愛などの要素も込められた、最高の映画でした。

映画を観終わった後、アニメ版のアラジンを観たのですが、ストーリーの軸は同じでも、ちょいちょい現代風にアレンジしていて、実写版でしか表現できないような素晴らしい演出がありました。特に、ジャスミンが終盤、「叫ぶ」シーン(「Speechless 」)は圧巻。鳥肌立ちました。こういう今までのステレオタイプな女性を描かない、多様性のあり方を見せるディズニーの考え方は良いですよね。

「A Whole New World」のシーンはうっとりしすぎで、何度でもループしたい気持ち。今すぐにでも、ディズニーシーのジャスミンのフライングカーペットに乗りたくなります。

今回吹き替えで観たのですが、良かったです。特にジーニーのやまちゃん、最高。やっぱりアニメ版でも聞き慣れている声の安心感が半端ない。
字幕・吹替どっちがいいか迷うというより、どちらも合わせて、2回観るのがベストな選択かと思いました。

オリジナルにはいなかった侍女がいることもポイント。ジーニーとの絡みがたまらない。。