Tano

世界が愛した料理人のTanoのレビュー・感想・評価

世界が愛した料理人(2016年製作の映画)
4.8
映画として、よりも内容として。
言葉にするのは余りにも難しいが、その人の感覚・感性と常に揺らぐ世の中・自然、
そしてその作品を通じてのコミュニケーション。儚く、だからこそ惹きつける。