cherry

愛がなんだのcherryのレビュー・感想・評価

愛がなんだ(2018年製作の映画)
3.1
岸井ゆきのちゃんをこんなにしっかり見たのは初めてだったけど、何をするにしても成田凌演じるマモちゃんを一番に考えちゃうところとか、めちゃくちゃ今作のキャラクターが似合っていた。

マモちゃんとの出会いがリアルで印象に残っている。なかなか馴染めない所で周りに何となく溶け込むようにお酒飲んでたら、ちょっと話しかけてくれた人と仲良くなってっていうこの感じがとても現実感があって良かった。成田凌がそんな溶け込めないような人には思えなかったけど笑

マモちゃん第一のテルコを演じた岸井ゆきのも、いまいち思っていることが分かりにくいマモちゃんを演じた成田凌も良かったけど、今作で一番良かったのは仲原くんを演じた若葉竜也。
色んな場面で悲しさがすごく伝わってきた。笑っている時もどこかに悲しさがあるような表情をしていて、感情を押し殺して涙を内に溜め込むような演技が良かった。彼のこれからの幸せを願いたくなる。

テルコの気持ちにはまだまだ共感できないところも多かったから、もう少し時間が経ってから観たかった映画。