ジョー

ランボー ラスト・ブラッドのジョーのレビュー・感想・評価

4.7
消える事のない痛みを、治る事のない怒りを思い知れ


久々にぐったりする映画を見た。
もし家でくつろぎながら見たら、死のホーム・アローンだなと感じる人もいるかもしれない。

でも、平穏、悲しみ、怒り、復讐、
そんな単純な起承転結であらわせる物語ではなく、善とは何か悪とは何かを問う作品でもないと思う。

作中のセリフを借りるとすれば、「フタをして生きていく」という決意を持った男の生き様を描いたものなのかなと思う。
フタをするために必要な行為は人によって違う。

自分で生き様は決められても、死に様までは決められない。
それか、生き様によって死に様が決まるのかもしれない。