もやマン

ヘイト・ユー・ギブのもやマンのレビュー・感想・評価

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)
4.0
黒人の女の子が、現代社会と戦う。
良作だった。

この映画のテーマは、あらゆる人種間での問題でもあるが、やはりアメリカが最も根強い。

アメリカだからこその映画。

僕らがこの映画を観て出来るのは同情することのみ。
黒人しかこの気持ちはわからない。


メッセージ性はとても良かった。胸を打つものがある。とくに最後末っ子ボーイのあのシーン。すごくよかった。

ただ、映画の展開としては、主人公の女の子がクライマックスで何かしてくるんじゃないかって期待してたけど、車の上に乗って叫ぶっていうありきたりな行動でちょっと残念。


黒人のプライドを守り続ける父。かっこいい反面、プライドより家族を守れよ、とも言いたくなる。
所詮自分にはそこまでする黒人の気持ちはわからない。


撃った警察官はたしかに過失とは思うけど、
パーティで銃声があったこと
運転手が素直に指示に従わないこと
動くなって言ったのに車のなかに手を伸ばしたこと
などを考えると、俺にもあれは銃にみえるぜ。。
すぐ撃っちゃったのは良くないけどね。