ユメル

三人の夫のユメルのレビュー・感想・評価

三人の夫(2018年製作の映画)
3.8
香港の開発されたビル群から程近い海に停泊する船で年老いた漁師が、性欲が治まらない病?を抱える娘に売春させて暮らしていた。

最下層に住む人間の生と性。
最近でいうと「岬の兄妹」が思い浮かぶが、こっちはヤり続けなければ生きられない体を持つというかなりぶっ飛んだ内容であり、カオスにも程がある。

香港の人魚伝説を織り混ぜているところや主人公ムイのイルカのような「あの声」から、彼女はまるで海獣の子供なのではないかと思えるほど。
ある意味ファンタジーな作品になっています。

男達のバカさ加減や随所に見られるブラックユーモアな演出にセンスのよさを感じさせます。

それにしても何でR18ではなく、R15なのだろうか?