ユメルさんの映画レビュー・感想・評価

ユメル

ユメル

映画(293)
ドラマ(0)

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

4.0

この時期にピッタリのベタベタなラブコメではありません。
予想していなかった驚きの結末。
ラスト・クリスマスの意味に涙、涙…。

クリスマスは子供たちや恋人たちだけではなく、移民の人、住む家のない人、同
>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

3.8

この作品を楽しむためには…。
1.エグいシーンやバイオレンスシーンに慣れておく。
2.体調を万全にする。
3.食事中には観ない。
4.酔いやすい人は酔い止めを飲んでおく。

よし、トイレでゲロゲロして
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.5

結婚することが必ずしも幸せに繋がるわけではなく、離婚することで二人の愛が終わるわけでもない。
離婚することで新たに作られていく愛だってある。

劇的なドラマが起こるわけではない。
離婚に至るまでのリア
>>続きを読む

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

3.7

人間が持っている美に対する意識や価値観をぶち壊す衝撃的な作品!
身体的な奇形、精神的な奇形、いわゆる普通ではない人がたくさん登場するが、そもそも普通とは何なのか?
奇形ではない人が奇形の人を差別したり
>>続きを読む

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

3.8

オシャレかつポップでありながら、実はかなーり深い闇を感じます。
そう、あの迷作「マルホランド・ドライブ」に似た世界観。(あんなに難解ではありませんが…。)

今、ブレイク中の桜井ユキさんが現実と妄想、
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

4.0

日本人として非常に嬉しい。
日本生まれの作品をこんなにも愛してくれて…。

全編で溢れる原作愛!
役名もそのまま日本名だし。

下ネタ全開、もっこりしまくり。
だけど、アクションシーンはしっかりしてい
>>続きを読む

テルアビブ・オン・ファイア(2018年製作の映画)

4.2

イスラエルとパレスチナのシリアスな問題を絡めながら、しっかりと笑えるコメディ映画の傑作になっています❗

満席の場内はかなり笑いが起こっていたし、笑撃のラストで笑っていない人なんていなかったんじゃない
>>続きを読む

MANRIKI(2019年製作の映画)

3.7

様々な圧力を乗り越えてきた作品。
本作を宣伝するために出演したテレビ番組のスポンサーが某化粧品会社だったため、宣伝できなかったそうです。

カルト芸人の永野が企画・脚本(出演も)、主演・プロデュースに
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.8

前作から40年。
うまーく話が繋がっています。
なのでシャイニングを観てから、観るのをオススメします。

だけど、難しいところで、テイストが違うんですよね。
シャイニングは閉鎖的な環境で崩壊していく、
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

4.2

今の時代のように、CGを使ったド派手な演出がなくても伝わる不気味さ。
カメラワークや独特の色使い。
さすがは名作と呼ばれるだけあります。

ジャック・ニコルソンの演技力!
夜、夢に出てきそうなくらい絶
>>続きを読む

聖女/Mad Sister(2018年製作の映画)

3.5

絶賛開催中「のむコレ」の作品。

韓国映画らしい、暴力描写や胸糞悪いシーンがてんこ盛り!
アクションシーンがCGやスタントなしのリアルガチなのには驚いた!

韓国映画って、人身売買をする悪の組織がホン
>>続きを読む

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語(2018年製作の映画)

4.5

ある1つの事件をきっかけに2つの家族の運命の歯車が動き出す。

5つのエピソードから構成される作品。
人と人とが繋がることによって生まれる人生を動かすストーリー。
それは希望と喜びに満ち溢れたものばか
>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

3.8

シリアスとコメディのバランスがとても良くて、ドキドキしつつも笑えちゃうパニックムービーです!

そもそももう少し救助を待ったほうが良かったんじゃないか?とか、高層ビルがそんなに地続きになってるの?とか
>>続きを読む

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

3.3

みんな観てるからさ、観ることにしたよ!

スーパーマンがダークサイドに堕ちたら、こうなってしまうんだね!的なB級ホラーでした。

この救いようの無さ。
彼の暴走を止めることは果たしてできるのか?
続編
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

4.0

前作から10年。
ゾンビはより強く、しぶとく進化を遂げていた。
そしてメインの4人もキャリアを積んで、大スターになって帰ってきました!

ゾンビを狩りまくるのはもちろんのこと、恋をしちゃったり、大麻を
>>続きを読む

アースクエイクバード(2019年製作の映画)

3.0

アリシアは可愛いし、日本語もかなり上手に話していた。
三代目の小林直己は欧米人が好みそうな細い目をしたTHEアジア人という感じで、意外にミステリアスで良かった。

だけど、終始モヤモヤした展開で、スッ
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

4.0

移ろいゆく時代、変わりゆく街並み。
人は皆、その中を生きていく。

何かが終わり、新しい何かが始まる。
終わることを悲しんでばかりいてはいけない。
終わることから始まる、新しい未来に希望を見出だして生
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.2

ジョーカーも観たし、アイリッシュマンも観たから、これも観ないといけませんね。ということで鑑賞。

笑いにとりつかれた男の笑えない狂気。
何食わぬ顔で狂気じみた行動をとり、一夜の大舞台に上がろうとするパ
>>続きを読む

アイリッシュマン(2019年製作の映画)

4.5

いやあー、至福のひとときでした!
ちっとも長く感じられない209分。
マフィアの男の一代記。

キャストがみな大人すぎて、派手にドンパチやっているわけではなく、会話が中心なんだけど、重厚で濃厚な世界観
>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

3.5

女性監督らしく、美しくて母性を感じさせる作品…。

ん?何かおかしい…。
少年と女性しかいない島って…。
少年達に何をしようとしているの?
女性達の眉毛は一体どうした?

そう、この監督、ギャスパー・
>>続きを読む

キング(2019年製作の映画)

3.5

Netflixの財力がとにかく凄い!
泥まみれの戦闘シーンは迫力十分!
そして処刑シーンでは首が…。

ヘンリー5世を演じたティモシー・シャラメがまた良いんです。
自由気ままな美しき少年王がフランス征
>>続きを読む

永遠の門 ゴッホの見た未来(2018年製作の映画)

3.6

絵を描き続けることしかできない男。
ゴッホの人生とは?

全く評価されず、奇人変人扱いをされながらも、自分の信念を曲げることはなかった。未来のために。

全編に渡って、ゴッホの苦悩や哀愁が漂ってくる。
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

4.0

白石監督流の家族映画。
ちょっとアウトローで、いびつな家族の愛。

とにかく母親役の田中裕子さん、子供役の佐藤健さん、鈴木亮平さん、松岡茉優さんの演技が凄くて、心が震えました。

親の目線、子供の目線
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.8

ホラーでもあり、アドベンチャーでもあり、コメディでもあり、ラブストーリーでもあり、もうザ・エンターテインメントって感じでお腹いっぱいな169分でした!

ペニーワイズを弱体化させる方法が「それ」なの?
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.6

「THE END」を観る前におさらい。

ただ恐いだけのホラー映画というわけではなくて、アドベンチャー要素がかなりあるので、何だかスタンド・バイ・ミーみたいだなあと思っていたら、原作者がどちらもステ
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

4.2

たぶんフィルマークスをやってなければ観ることはなかったであろう本作。

評判良いんだもん。観るしかないじゃん。てな感じで劇場へ!

…。何これ?かっこよすぎ!
迫力の戦闘シーン。轟く爆撃音。
狙いを定
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.8

とにかく美しい作品❗❗
福山雅治と石田ゆり子。
美男美女で大人な二人を起用したところにキャスティングの妙が光っています。

パリやニューヨークの街並みがとても素敵で何てロマンティックなんだろう?
そし
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

4.1

グラグラ揺れるカメラワーク。
耳に、脳に、心に刻み込まれるサイケなビート。(しかも爆音)
精神的にやられそうなくらいカオスな空間。
ここは地獄なのか?
最低で最高の擬似ドラッグ体験です!

それにして
>>続きを読む

最初の晩餐(2019年製作の映画)

4.0

子連れの再婚家庭の家族の繋がり。
ちょっと特殊で複雑な家族関係。
その複雑さ故、理解や共感できない部分もあるけれど、家族のカタチは人それぞれ。
「家族って何?」と聞かれても、その答えは人それぞれ。
>>続きを読む

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

5.0

人種、宗教、言語の違い。
多民族国家のマレーシアにおいて、これらの違いは様々な壁を作る。
しかし、愛があればその壁を乗り越えていけるはず。

愛する人への想いを込めて歌われた歌は、とても優しく、劇場に
>>続きを読む

108~海馬五郎の復讐と冒険~(2019年製作の映画)

3.5

好き嫌いが絶対に分かれるお下劣極まりない作品!
ただ、エロだけではなく、歌って、踊ってのミュージカルシーンがあったり、随所に笑えるポイントがあったり、本作の最大のテーマである「愛」について考えさせられ
>>続きを読む

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.4

技術の進歩が凄まじい❗
まさに映像の革命が起きたと言えます。

CGで作られた若いウィル・スミス。
本物の人間にしか見えなかった❗❗
なめらかな動き、迫力のアクションシーン。これは映画館で観ないと駄目
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

3.5

ホラーの怖さを体感したかったのに、いじめ描写が多くて、胸糞悪すぎだよ!

登場人物が皆クズばかり!
怪物よりも、人間のほうが恐ろしい怪物だよ!まったく👊😠

スペシャルアクターズ(2019年製作の映画)

3.5

「メランコリック」もそうだったけど、低予算で、無名キャスト。そして映画愛に満ちていて、どんでん返しのあるストーリー。
普通に楽しめました。
…だけど「カメラを止めるな!」と比較してしまうと、盛り上がり
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

4.3

評判通りの面白さ!
キレ味鋭いアクションに、程よいグロ。
有名俳優を使った、いわゆる大作ではないけれど、SFアクション映画の傑作と呼んでも良いくらい楽しめましたぜ❗❗

AIよ、恐るべし❗❗

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

4.0

気持ちいいくらい王道のサクセスストーリー!

インドの格差社会、貧困。
あらかじめ決められたレールの上を走ることしかできない運命にある路地裏の少年。
自分の境遇や不平等な社会への不満を魂を込めたラップ
>>続きを読む

>|