kiyolan

審査員のkiyolanのレビュー・感想・評価

審査員(2012年製作の映画)
3.0
本音で話した時に、ネイティブという条件のもとであれば、韓国語の表現力に勝てる言語はあまり多くないのではないだろうか。
短編映画としては、少々多めな要素がギュッと詰め込まれているシナリオを、小気味好く繋いで見せてくれることで、程よく長い映画を観終わった後のような気持ちになりました。トミヤマ監督がどんな映画を撮る方なのか、興味が尽きない。