Nakao

ホテル・ムンバイのNakaoのレビュー・感想・評価

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)
3.6
周りの映画好達が軒並み高評価だったので。

事実だから結末は知っている。「テロリズム」に対する真っ当な倫理観も持ち合わせている。それでも久しぶりに上映中に物事の考え方、感情を揺すぶられた映画でした。
水洗式トイレに興奮したり、ピザをつまみ食いしたり、貧しさ故に、純心さ故に利用されてテロリズムに走る少年達。金持ちの白人様達という悪感情を持たれやすい被害者達だけあって結構犯人側に感情移入しまう。

でも勿論、殺戮と恐怖のどん底に突き落とされた被害者達に罪は無いしテロは許しちゃいけない。金持ちの被害者と貧しいテロリストの少年達という2者間で終始感情が揺れ動きました。

最後まで冷静にお客様の為に尽くしたホテルの従業員達の姿勢には結構ウルッときました。