ホテル・ムンバイの作品情報・感想・評価・動画配信

「ホテル・ムンバイ」に投稿された感想・評価

評価の高い映画なのでいつか見ようと思っていた今作。「LION25年目のただいま」でデーヴ・パテールへの好感度が爆発的に上がったのでその勢いで鑑賞。

私は社会や歴史を学べる映画は好きだけど、暴力、いじめ、差別、病気、エログロなどの直接的な描写がありそうなものはなるべく避けている。以前は構わず見ていたけど、いつしかもういいかなという気持ちになっていた。

この映画を見るのをためらっていた理由である殺人シーン。思った以上に多い。容赦なく続くので途中でやめようかと思ったりした。

イスラム原理主義にとっての理想郷にたどり着くプロセスが殺人とは、神様のメッセージをどんな解釈したのだろうか。貧困は利用される。

恐怖と混乱が渦巻く圧倒的リアリティ。

事実を受け止めるという意味では見て良かったけど、残虐シーンが多すぎて精神的にはかなりキツかった。
宗教に縋ったり神頼みしてる奴って良い方向に行ったことあるのか?
あんぬ

あんぬの感想・評価

4.1
2008年にムンバイで起こった同時多発テロを基に描いた一作。
終始緊張感が漂い、完全なフィクションじゃないこともあって観賞後もしばらく重さが残る。

宗教を心の拠り所にするのはいいけど、盲信してしまうと結局都合のいい操り人形になるだけ。テロリストにも人間らしさがあったり葛藤してる人もいて、そういう描写がすごくリアルだった。

宗教人種の異なる様々な人が来るホテルだけど、ホテルマンにとっては全員大切なお客様。お客様ファーストで動く、だからこそ増えたというホテルマンの犠牲に敬意を払いたい。
学校でホスピタリティ受けてて、先生に勧められて観ました。
いつもと変わらない日々を過ごしている中でこんなにも恐ろしいことが起こりうるんだと、本当にいつ何が起きるかわからないなと改めて気付かされました。
no

noの感想・評価

4.2
こんな恐ろしい事件が実話なんて信じられない
ホテルの従業員が体を張ってお客様を守る姿が素晴らしすぎて…
私もこんな勇気や正義感のある人間になりたい
どんな状況に置いても団結すること大切だと感じました
のさか

のさかの感想・評価

4.3
これは創作で、すべてがシナリオのもとに作られたスリル映画であってほしいと願いながら見た。
しかしながら、これは事実をもとにした映画で、つまり、現実に起きたこと。
思想や、信仰を縛ることはできないし、そんなこと望んでもないけれど、おのがためか、誰がためか、なんにせよ、ひとつの正解しか認めないのは違う。さらに、血が流れるのはもっと違う。信じるものを道具にして、血を血で染めるそんなものは宗教ではない。

今回この映画を見て沸いたのは、怒り。
そして、タージ・マハルホテルのスタッフに敬意を表するとともに、この人々を英雄としてはいけないという思い。この手の出来事に英雄などいてはいけない。自分の命を省みないとか、そんなことがおきてしまっていることを考えないといけない。英雄伝よりももっともっと手前にある問題を考えるきっかけとなってほしいと願う。


それはそうと、流石はインドどこもかしこもスズキ車のオンパレードでした。
カズキ

カズキの感想・評価

4.6
当時の映像が使われていて緊迫感半端ない。とにかくドキドキハラハラ。 銃撃戦のシーンがリアルすぎた。

ホテルの従業員にも、宿泊客にも、テロリストにも大事な家族がいて、皆自分にとって大切な人たちの為に、信念を貫いて行動していた。
「お客様は神様。」悪質クレーマーが使う言葉のイメージが強いけど、この映画を見てしまうと、軽々しく言えない言葉だと感じました。

アルジュンをはじめ、全ての従業員の方々、尊敬します。 いつか本物のホテル、泊まりに行きたいなぁ🕌🧕
wii0513

wii0513の感想・評価

4.2
2008年のムンバイでのテロを描いた作品。日本人の多くがそうであると思うが、宗教信仰が薄弱な私には、これが現実に起きるのかと驚愕させられる。
テログループ実行犯の動機が神の思し召し一点張りで、それをこんなにも強烈に受け止めて行動する人物たちが「現実に則した物語」に出てくることを知る。
Rena

Renaの感想・評価

4.0
言葉が出ない。どういう感情かも分からなくなる。想像もできない。
78/2022
眼鏡

眼鏡の感想・評価

2.5
実際の事件を元にしているので無慈悲。
歴史を伝えるための映画。
うまく作っているとは思うけど 入り込めませんでした💦
テロにあった被害者があんなに簡単に家に帰れるもんなの??
うーん。
リアリティとドラマチックの作り込みが好みじゃありませんでした! 残念。
>|

あなたにおすすめの記事