Fuka

ウィーアーリトルゾンビーズのFukaのレビュー・感想・評価

3.7
東京国際映画祭にて


重い題材を、とても軽く、でも軽はずみではなく、仕上げていたと思います。
『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』の原題が"Demolition"であるならば、これは"Music"とかそういう表し方になるのかなってところだろうか。
子どもたちの棒読みっぽい演技、RPG仕立ての作り方が感情をなくしてただ動いてるだけである様子をわかりやすく、引き立てていたと思う。
監督も言っていたように、性だとか世間に対しての目だとかそういうのを1番フラットに考えられる年代の主人公たちであったことがこの映画の主題を引き立たせてる理由かな、と。男女が主要人物の話だとだいたい恋愛絡んできちゃうし。結局なに?男女の愛がどうのって言いたいの?てなりやすいし。

あまり邦画は普段見ないけどこういう機会に見てみようと思って正解でした。
映画って退屈じゃない?て思ってる人にもいいと思う、アクションとかそういう部分ではないところで変化を持たせる、新鮮な映画でした。