けい

ジョジョ・ラビットのけいのレビュー・感想・評価

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)
4.2
ブラックユーモアに溢れたナチス映画。

戦争モノを多く観ているわけではないのだけど、ここまで爽やかに淡々と愛しく戦時中を描けるのだと感動した。

戦争では正義、味方、悪、敵みたいな強い群衆心理がある一方で、個人個人にフォーカスするともっと小さな感情が渦巻いてる。そういう小さな小さな何かが光る、素敵な映画。

実は大した期待もせず、TVでコメンテーターが勧めてたな、ぐらいのノリで観に行ったのだけど、観て正解だったかも。

戦争映画で一番好きになったかも。