NAOGECKOS

火口のふたりのNAOGECKOSのレビュー・感想・評価

火口のふたり(2019年製作の映画)
-
ロマンチックで叙情的な映画かと思っていたが わりとリアルで生々しい。ポルノ映画みたいなシーンが続き どことなく滑稽で それでいて諦めや悔いに溢れ 寂寥感ありもの悲しい(私見)それが人間であり人生であると言えばその通りだ。