火口のふたりの作品情報・感想・評価・動画配信

火口のふたり2019年製作の映画)

上映日:2019年08月23日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.2

あらすじ

「火口のふたり」に投稿された感想・評価

Toru

Toruの感想・評価

3.2
従兄弟って設定はいるのかな?

なんか普通に元恋人同士の方が分かりやすい気がした。
忘れられない恋をした女はそれを忘れた風に装って結婚する。
女は嘘がうまいから、あなたが1番と思わせることなんて簡単なんだよね。
刺激の多い恋をして、あっけなく終わって、だから余計に引きずって、あんな思いはもうしたくないって安定した人と結婚する道を選んで、でも結局刺激には勝てない。わかるわかる。
でももう見なくていいかな。笑
セックスと死。

このでっかいテーマをどう描くかが見物だと思います。
同じく柄本さんのフィギュアなあなたでは色っぽさをそのまま”色”で表現しきっていました。
ここでは、対になるようなテーマと雰囲気で、悲しげなポルノ映画に仕上がっています。

全く面白くはなかったですが、映画館で見ようと思って見れてなかったので、見れてよかったかなぁ。
柄本佑&瀧内公美が紡ぐ本能赴く愛の物語!
明でもなく時生でもなく佑が柄本だ!
kobadog2

kobadog2の感想・評価

1.0
ヤリまくる話?
何の話?
射精と噴火がかかってるの?

最近、個性派とか実力派とか演技派とか評価されてビッグネームとなった頃に、それはそれは過激なセックスシーンを頑張る俳優の映画を見るんだけど、そういうのいらんのよなー。AVには敵わんて。
老若男女が利用する一般的な劇場で見る映画はもっと違うところの作り込みをして欲しいな。
カズキ

カズキの感想・評価

3.5
心でも身体でも記憶したものはそう簡単に忘れられるものではないんだろうなぁ。
その時の気持ちが大きければ大きいほどに。

今夜だけとか、何日後まで…とかいう約束は大体守れないよなーってのは人間味があったというか現実的だなと思い共感はあった。
恋愛においてのタイミング、もう少し早く出会えばとか、もう少し待ってたらっていう切ない感情はわかる気がした。

ラスト。まだ大丈夫そうだからとりあえずヤリ溜めしとこみたいなノリ、結局そこかいってな感情。愛情と性欲って人を強くさせますね…
柄本佑好きなので前から気になってて鑑賞。
瀧内さんも好きな俳優だなあ。出ていると不思議な色気と魅力で釘付けになってしまう。

その好きな2人が女性の婚約者の留守中、終始セックスしまくるという話。
従兄弟同士ならまあねえ。無しではないよねえ。

ケンちゃんよりも直子の方がずっと想いが重く感じた。ケンちゃんはどちらかというと肉欲が先というか…
まあ、愛より肉欲の方がまず来るの、それが悪いわけでもないんだろうけどなー。
でも、セックスに飽きたら冷めちゃいそうな2人ではある。あくまでも今は盛り上がってる途中というか。

ラストは急に突飛な感じするけどまあいいか。
「ほっんとうに気持ちいな、セックス」
それ以上でもそれ以下でもない
これがこの作品の全てであろう
普通のエロ動画と遜色ないクオリティ
たそに

たそにの感想・評価

3.6
薄っぺらい人生しか歩んでない自分のような人間には共感や理解できる部分が少なく、難しい映画だった。
色んな失敗を経験して挫折して、色んなことを許せるようになった大人向けの映画だと思う。

最後の方で小学生にコラ!って怒るシーンで笑ってしまった。本能に忠実に、どっちが子どもなんだかわからない笑
レク

レクの感想・評価

2.0
震災の喪失感を埋めるため、未曾有の危機に、倫理と道徳は無視できるのか?

観客を共感から突き放すように描かれる男女の身体の言い分、不謹慎な濡れ場と愛と呼ぶに耐え難い依存関係。
そこに人生を自由に生きるという身勝手さを捩じ込む力技に萎えた。

とっても気持ちいい♪
>|

あなたにおすすめの記事