553

たちあがる女の553のレビュー・感想・評価

たちあがる女(2018年製作の映画)
3.7
アイスランド、ウクライナ、フランス合作映画。

環境破壊反対を主張しアルミニウム工場への送電線を自力で断線しちゃう過激派の女…たくましいです。
アイスランドの美しい緑の風景とテキパキ断線したり爆破する彼女の構図はシュール。

冒頭から、何してんだ?そこまでしちゃうのか…と思うような怪しい動きが堂々と繰り広げられる。
遠赤外線探査から逃れる為に泥水を被り息を止め羊の死骸が被り移動…当たり前のようにやってのける…ほんまに強い。

主人公と一緒に演奏して回るおじさんズ可愛いな。たくましすぎる主人公に戸惑う気持ちを柔らかくしてくれる。
おばさんになっても仲良しの双子って良い。

「女は強い」「母は強い」系ではなく、この人は強いって感じの映画。