たちあがる女の作品情報・感想・評価・動画配信

「たちあがる女」に投稿された感想・評価

女性差別に屈しない系の内容かと思ったら全然違った(笑)一見普通のおばさんによるテロ映画。ハラハラする場面でBGMを流すわけでもなく、楽団による演出がぽつりぽつりとあるのがいい。目があった時は存在している程なのかい!ってツッコミいれそうになった
白屎

白屎の感想・評価

3.5
 アマプラのサムネと邦題から想像したのとはちょっと違った。勝手に女性差別の是正とかジェンダー平等の実現に意識高く"たちあがる女"の話かと思っていたらエコテロおばさんがハッスルしてる話だった。

 エコテロおばさんが破壊工作に奮闘する姿はランボーに見えた。弓を引いたり山野を駆け回る姿が似ているし、どっちもやりすぎてるんだよなあ…

 音楽の演出がワタクシとしては斬新だったのでなかなか面白かったです。
vanilla

vanillaの感想・評価

3.6
やってることは過激派の厄介おばさんなんだけど、私はまず立ち上がらないタイプの女なのでそこは素直にすごいなと思った
彼女たちの未来に幸あれと

演奏家がなぜかついてくるスタイルの謎演出は面白かった。ピアノの時とアコーディオンのときとあるのが可愛いね。あそこにピアノ運ぶの大変やったやろう。
アイルランドの天然温泉羨まし〜〜〜住んでる人にとっては何もないところやろうけど軽率に憧れちゃう
シュール。 グレタが本気で動いたらという映画。まさかのミッションインポッシブルばりに過激なおばちゃん。
山々を越える走り方、建物の屋根の上に颯爽と仁王立ちする姿、川の中へ身を隠す様はトムクルーズやんか(笑) ヨガの先生をするスピリチュアルな双子は刑務所をアシュラムにして、何年か精神修行をするのだろうな。
結局、誰かの意見や世間の目に関係なく、心の底から”自分の信じるもの”をものを持っている人は強い。 本気で神を信じるのでも、この自然を守りたいという信念でも、ハートで生きてる人は強い。
アイスランドの風景は美しく、この映画そんなに面白くはないけど(笑)嫌いじゃない。
ひすい

ひすいの感想・評価

4.1
アイスランドの映画を観たのは初めてかもしれない。主人公の過激さと大胆さに少々ドン引きながらも、周囲の人たちの優しい連携に心が温かくなる。美しいアイスランドの自然にも圧倒された。確かにこれを守りたいという主人公の気持ちは大変理解できる。自転車の旅人さんとコーラス、バンドチームの登場がシュールな癒しになっており、緊迫感がある中でも楽しみながら観られた。
かわいい。
民謡のリズム感、アコーディオンの音色、コーラスに民族衣装、かわいい...。
なぜか旅行中の青年が毎度トラブルに巻き込まれるユーモアもかわいい。
主人公の山女も厳つい表情してるのになんだか憎めない。

やってること荒々なのにこんなにソフトな気持ちで見られるとは。かわいいは正義。
seriFil

seriFilの感想・評価

5.0
彼女の行動に対する「なぜ?」に映画は一切答えない。しかし彼女の存在感、その強く優しい精神と人間性が直接伝わってくる。音楽、ツインズ、仕掛けの全てがはまっていた。素晴らしい作品。
「LiLiCoの映画で世界を旅しよう!Vol.02」(『ホステリングマガジン』Vol.27、2021 Winter、18頁)で紹介。
たヌキ

たヌキの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

子どもという未来と手を繋ぎながら、どこまでも水で覆われた街を行くラストシーンに、この映画のテーマを観た。
行き先は見えない。
saskia

saskiaの感想・評価

3.2
セミプロ合唱団の講師と
謎の活動家‘ 山女’2つの顔を持つハットラのお話。

彼女のやっていることは犯罪だしもちろんいけないことなんだけど、なぜか彼女を応援してしまう。

たったひとりだって、世界が変わらなくたって、行動に移せることは素晴らしいと思う。なかなかできることじゃない。
まぁもっと他に良い方法はあるだろうけどねꪔ̤̮ꪔ̤̮ꪔ̤̮ꪔ̤̮

楽器隊と合唱団の演出が印象的でそれによってコメディ要素が強くなっている。

アイスランドの雄大な自然に癒された。
行ってみたいなぁ。

お姉ちゃん良い人だねぇ。

─────────
2021/№830◡̈*✧🌛
おうち映画№830
劇場映画№
>|

あなたにおすすめの記事