taro1971

よこがおのtaro1971のネタバレレビュー・内容・結末

よこがお(2019年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

始まってすぐ「誰かの木琴」を思い出す。池松君だし。前半四つん這いになって犬のように振る舞う深田映画のミューズにハラハラする。その後も最後まで息つく間もなく、ぐったりと疲れてしまった。今回もすごい映画でした。深田監督、筒井真理子でもっと撮ってください。