あんこ

わたしは光をにぎっているのあんこのレビュー・感想・評価

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)
4.0
大切な場所がなくなっていき行く場所のない女性がちょっぴりがんばる映画!

人と場所!!!

なんだか良い映画だったな~

主人公も周りの人達も都市開発とか色んな理由で行く場所がなくなっていくしなんだか観ててリアルでせつない!!
特に建物やお店がひっきりなしに建て変わる東京に今住んでる自分としてはより身近なことで、
同期で養成所の時よく通ってた思い出のラーメン屋さんは今は潰れて違うお店。姿も形も変わったけどみんなの楽しかった思い出は思い出す。でもやっぱりその集まってた場所がなくなるのは悲しいよ!!!行った人も大事だけど場所も大事だよなー!!!!
観てそう思えた映画で場所ってすっごい大事と再認識できたよ~

静かでせつないとこあるけど、内気で不器用な主人公のちょっぴりがんばる姿にほっこり感動したし周りの人達の優しさにふれて温かい気持ちになったし、めっちゃ素敵な映画でした!

後、光石研の演技が神がかってうまくて酔っぱらってるシーンはこの人マジでお酒飲んでた!?てなるほど。いや、あれはもう飲んでたな!!!笑
それと忍成修吾のすっぽん料理屋でのこの人ずっと何言ってんだ? てなるくだりが声でるほど笑えたな~笑
最近の松本穂香出演映画ハズレなし!!!松本さん大好きー!中川監督最高!

観た後色んな話したくなる映画!

あんこぶつけたろか!