ryusan

1917 命をかけた伝令のryusanのレビュー・感想・評価

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
4.2
アラブ首長国連邦より映画最新情報をお届け。
ひと足お先に「1917」観てきました。

これはまた物凄い戦争映画がやって来た。
ジャンルはこれまでも数々の名作がある敵中突破もの。
しかし今回特徴的なのはどうやって撮ったのか分からないほどほぼ見た目が2時間ワンカットの長回し。
(How to make映像も公開中)
伝令の指令を受けてから危険な前線部隊までの道のりを、観ている自分も常に主人公と一緒に行動しているような錯覚に陥り、臨場感としては最高の部類に入る。
そして2時間に散りばめられた静と動、緊張と休息、生と死、苦しみと癒しの緩急が絶妙なバランスで全く飽きさせません。

時は第一次世界大戦、若き戦士スコフィールドとブレイクは前線部隊に攻撃作戦中止の伝令を届ける指令を受ける。そこに向かうにはドイツ軍の支配する危険な地域を徒歩で突破しなければならない。作戦開始は明朝、もはや一刻の猶予も許されない。果たして二人は無事に伝令を届け、1600人の同胞の命を救う事が出来るのか?

「プライベートライアン」が好きな方におススメ。
そして三谷幸喜の「大空港2013」「short cut」が好きな方におススメ。