ジョー

青くて痛くて脆いのジョーのレビュー・感想・評価

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)
3.7
こんな思い、自分だけ?


思いには2種類あると思う。
言葉にしなければ伝わらない類のものと、
言葉にしなくても伝わるもの。

それは”どんな思いか”ではなくて、その思いを受取る人が”誰か”による所が大きい。
そして、その”誰か”というのは、”どんな人間か”ではなくて、「自分とはどういう関係の人か」だと思う。

それでも難しいのは、自分と良好で深い関係だと思っていたのに、相手からすればその場しのぎの関係だったりすること。

それを見誤ると、青くて痛い人間になってしまう。
大学生同士の関係は脆い。
摩擦に耐えられるかどうか、耐えた人間だけがなりたい自分になれるように出来ている。