よっひ

君が世界のはじまりのよっひのレビュー・感想・評価

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)
3.8
考えたこともなかったが、私たちは日々関わる人それぞれとの間に無意識のうちに"世界"を構築していて、
つまり、"君"との出会いが新しい世界のはじまりで。

高校生、青い彼らはそういった"世界"の築き方に不慣れで、危なっかしい。
しかしながら、その時々で"世界"の輪郭線が目まぐるしく形を変え、強固でもあり脆くもあるのが、
高校生ならではの面白さなのだと、本作を観て改めて思った。

正直なところ演出は好みが分かれると思うが、町の閉塞感への苛立ちや、若さゆえの"普通"や"日常"への些細な疑問など、
自らの経験に共鳴する人も多いのではないだろうか。

エンドロールで知ったが、監督自身の短編小説が原作だそうな。
たしかに、たこ焼き屋での業平(なりひら)くんの名前のくだりや、予告にもある「ブブ~。指でした~。」といった会話は、活字で読んだら更に魅力が増しそう。

松本穂香ちゃん以外の若手5人は(おそらく)初見だったが、等身大でエネルギッシュで素晴らしかった。
江口さん、古舘さん、山中さん、板橋くんなど、脇を固める方々の安定感も抜群。
そして粉もん。最後の方は胃もたれ。笑