君が世界のはじまりの作品情報・感想・評価・動画配信

「君が世界のはじまり」に投稿された感想・評価

な

なの感想・評価

-
琴子が可愛すぎる…
縁と2人でいるシーン全部好き。

縁のぽつぽつと話す感じが全部の感性を集中させて聞きたくなる。又吉みたいな話し方。笑
教室の外を琴子の後ろに続いて歩いて行ったあの表情が忘れられない。

業平くんの不思議で平凡そうなのに掴めない感じどうしようもなく惹かれてしまう。
急に音楽が流れてびっくりしたけど、ニトロデイすごい好きなバンドだ。

ショッピングモールであんだけはしゃいですごく楽しそうだけどバレないかヒヤヒヤした。

純がめっちゃ思春期の女子って感じで愛しい。お父さん健気…
金子大地さん。
なんか台風クラブに似ているなぁと。
こっちは解りやすい。
10代の憤りの爆発みたいな
感じをブルーハーツとかけて
上手く表現していると思う。
てか 今の若者はブルーハーツとか
聞くのでしょうか?
なんか一人でYOASOBIとか聞いてそうだけどね。
中田青渚さんは初めてみたけど
なんか荒っぽい今田美桜風が
良かったです。
坂下

坂下の感想・評価

3.7
危うくて脆くて一生懸命な青春の物語。

力強いストーリーが!とかではなく、等身大の少年少女が生きようとする様に勇気づけられる作品。
彼らは何が正しいのか知っていて、でもそこに向かう体力も余裕もなくて、ただ間違っていることだけを自覚する。些細で在り来りな苦しさに挟まれて、上手くいかないまま10代が過ぎていく。

健全じゃないかもしれないけど個人的に“分かる”作品だった。

決まった誰かだけではなく、誰でも道を間違えそうになる。危うさと美しさの瀬戸際にいるような感覚がすごく好きだった。「頑張れ」ってセリフが歌に乗って突き刺さってきたのが印象的だった。きっと私も彼らと変わらない幼い人間だった。

私は好みだったし、それなりに満足です。
リゲル

リゲルの感想・評価

2.1
<my備忘録>

大阪の片田舎の閉塞的な町のはなし。
こういう映画にいちいち意味はいらないのかもしれない。

途中で「台風クラブ」の大人版?と思ってしまったが、
あの衝撃には及ばなかった。
単に爺になっただけか?
や

やの感想・評価

-
これを見てからしばらくブルーハーツしか聞けんかった

私も爆音で聴くeastern youthに救われたことがあったな〜と思ってちょっと泣いた
みなと

みなとの感想・評価

2.9
高校生達の気が狂いそうになる程退屈な日常だったり恋愛だったり家庭環境だったりを描いた青春群像劇映画。

あまり共感できるところがなく、作品に入り込めなかった。ただ「ちゃんと傷つけ」という台詞にはハッとさせられた。

もしかしたら自分達も同じ事をしてしまうかもしれないという暗喩で、息子が父親を殺して逮捕されるシーンを描いていたのが良かった。

終盤の純と伊尾のキスシーンで朝日が入り込むカット綺麗だった。
琴子役の中田青渚の芝居に圧倒された。(特にラストの泣きの芝居)
mitsunobu

mitsunobuの感想・評価

3.0
うーん思春期の悩んでる風高校生の葛藤を描いてる風。
あの手この手でエモいと言わせようとしてる?
片山友希めっちゃ良かった。
米津

米津の感想・評価

3.6
着いてけなくて置いてけぼりにされた感覚になった。好き嫌いはっきり別れそうな映画。
松本穂香と中田青渚のコンビは俺得すぎるので見ない理由はなかった。中田青渚の関西弁が街の上ででも良かったけど、この作品でもめちゃくちゃ良かった。泣いている金子大地が美しすぎて鳥肌が立った。片山友希がすごいいい演技してて他の作品も見たいと思った。チョイ役の江口のりこは堪らなく良い。照明の使い方がとても良かった。すげぇ綺麗だなぁって口を開いてしまう美しいシーンが多かった。監督のふくだももこは確か台風クラブが好きだと言っていた気がするのだが、非日常的な青春群像劇で現実ではありえないような強引な流れ(男女間が急に仲良くなるとか)が似てると思った。金子大地と片山友希がキスする時に夕焼けが入り込むところすごい好き。
音量デカくしたらブルーハーツが爆音で焦った

青春にしてはみんなこじれていたなぁ。

琴子と縁の関係がとてもよくて。
ラストシーンが美しかった。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.0
現代の高校生の引き交々が特殊過ぎて想像もつかないくらい大変だなーってなる。
今の若い子はこんなに危うい感じなの?
私にはいまいちわかりませんでした・・・。
でも、みんな走ってれば何とかなるかなー。
全力疾走して叫べー!
>|

あなたにおすすめの記事